このサイト(http://kaminote.org/)にはたくさんの神業、超絶技巧を持ってるアーティストの方が紹介されているのですが、それぞれの方を見ていくとそんなに知名度、人気があるわけではなく、

このサイト(http://kaminote.org/)にはたくさんの神業、超絶技巧を持ってるアーティストの方が紹介されているのですが、それぞれの方を見ていくとそんなに知名度、人気があるわけではなく、 そもそもこのサイト自体も全然注目されていないようです。(公式YOUTUBEチャンネルの再生回数が3桁とかだったりします) 個人的にはこの方たちがそれぞれYOUTUBEなどでアピールしたら普通にすごい再生回数になりそうなものですが・・・というか何かのきっかけで取り上げられればバズりそうなのですが、やはり世の中どれだけ人の目に触れるかがすべてなのでしょうか?何か釈然としない感じもします。ほとんどのユーチューバーはこれほどのワザを持ってはいないような気もするからです。逆にアーティストの方たちはもっと流行の話題などを取り入れて活動したりすれば違うのかな、という気もします。 質問としてはこうしたとてつもないワザを持っている方たちがあまり注目を集めないのはなぜなのか、やはり単純に人の目に触れる機会が少ないという理由が大きいのでしょうか?それ以外には何か考えられるでしょうか? ということになります。よろしくお願いします。

ベストアンサー

0

YouTubeで稼ぐには多くの人に見て面白いと思ってもらわなければなりません。多くの人が面白いと思うのはエンタメです。楽しい、笑える、という方向性のものです。 この方達の技術は素晴らしいですが、これに興味を持つ人の数が凄く少ないので、YouTubeで配信しても例えば100万再生とかは無理だと思います。 100万再生行って10ー20万の報酬なので、多分この人たちだと上手くいっても10万再生、すると1万くらいの報酬です。 時間かけて動画を撮影編集して1本当たり上手く行っても1万円程度しか稼げないなら、本業の仕事でクライアントからの受託をしたり、自分の作品を売るためのギャラリー出品用の作品を作っていた方が儲かりますよね。 もちろん、やり方によっては少ない再生回数でもきっちりターゲットを決めて、集客やお金につなげていくことは可能ですが、それはマーケティングの専門家と組んでやらなければ独学では難しいです。 また、これらの技術を使って、エンタメに寄った動画を作ることで再生回数を伸ばすこともできます。しかしその場合作家本人のこだわりを捨てる必要も出てきます。そうなると本末転倒と考える作家さんも多いでしょうね。 世の中にはとてつもない技術を持っている人は、いろんな分野でいます。しかしその人たちが必ずしも経済的に恵まれているかというとそうではなく、なぜ注目されないかと言うと需要が少ないからです。 最後に作品の販売ということに関して言うと、同じ高い技術でも工業品であれば大量生産が可能です。それで大きな富を得ることが出来ます。 しかし手作りで技術が高い場合は生産数に限度があるために、沢山仕事を受けることが出来ません。よってこういうタイプの場合は少数の人になるべく高く売るという方向性になります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よくわかりました。たしかに高価な一点ものは結局買えない人が多いですからね。ただテレビチャンピオンなどの番組を考えると技術を観たいという需要はあるような気はしますが、いちから自分でやるのはめんどくさいというのも事実ですね。個人的には観たいですが。ありがとうございました。

お礼日時:8/11 15:06