諱(いみな)について質問します。 中国では、生まれた時、 諱を付けてしまうのですか? 日本の場合、幼名を経て、 元服の時になってから、諱を付けますよね? 中国の場合どうでしたでしょうか?

諱(いみな)について質問します。 中国では、生まれた時、 諱を付けてしまうのですか? 日本の場合、幼名を経て、 元服の時になってから、諱を付けますよね? 中国の場合どうでしたでしょうか? お答えのほど、お待ちしております。

中国史 | 一般教養25閲覧

ベストアンサー

0

中国は男の子が生まれた時に諱を付け、 男の子二十歳、女の子十五歳の成人の時字(あざな)を自分で付けます 幼名は決まり無しが、これも小さい時に付けると思います 幼名は中国では小字と呼びます 例えば 曹操 諱 操 小字 阿瞞、吉利 字 孟徳 だけど庶民の女の子は多くは諱が無いです 普段は幼名やあざなで呼ばれ、家系図やお墓などで唯一且つ正式な名前としては夫の姓+旧姓+氏です、これは女性の諱とも言えます 例えば、旧姓が陳の女の子が呉家に嫁いだら、この時に初めて呉陳氏という正式な名前が付きます

ご回答ありがとうございます。 ちょうど曹操を調べていたので、 よい例を示して頂き、感謝いたします。 生まれた時に諱(実名)を付けるのですね、 了解しました(^^)/

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。 どうもありがとうございます(^^)/

お礼日時:8/10 0:51

その他の回答(1件)

0

時代によっても変わるので一概には言えませんよ。ただ、基本的には子供の頃は幼名で呼ぶのが一般的です。名はあらかじめ付けてある場合と成人の際に付ける場合と、ケースバイケースではないかと思います。 諱は名付けません。勘違いしているようですが「諱」とは「死後の名前」であって生前から付けたり名乗ったりする事はありません。生前のものはあくまでも「名」です。 中国史において名と諱が異なる例はちょっと思い浮かばないぐらい、両者は「同じもの」ですが、諱の意味を考えてみても本来は別に(新たに)付けるものであったはずです。

諱(イミナ)『コトバンク』によると、、、 >中国や日本などで,生前の実名をいう。死後,実名を忌んで口にしない風習より生じた。 とありました。また、 >人の死後にその人を尊んで贈る称号。諡(おくりな)。 ともありました。 私は「身分のある人」の名前を指して、生前の実名、 諱(または忌み名)と呼んでいました。