ID非公開

2020/8/10 20:01

11回答

コールマンツーバーナーに付いての質問です。ジェネレーターのミキシング部からの炎漏れですが、ジェネレーターそのものを交換すれば治るようですが、どういう状態で炎漏れが発生しているでしょう?

コールマンツーバーナーに付いての質問です。ジェネレーターのミキシング部からの炎漏れですが、ジェネレーターそのものを交換すれば治るようですが、どういう状態で炎漏れが発生しているでしょう? いじっているうちに先端の真鍮製の六角ナットの角をだいぶなめてしまいました。これは炎漏れとは関係あるでしょうか?

ベストアンサー

0

ご周知のようにマニュアル14ページ目のメンテナンスの項目に「ミキシング部から炎が出る」場合は、「ジェネレーターの交換」となっているようです。コールマンが示唆しているのはここまでであって、それより先の内容は機密事項のようです。一般人のリペアーサイトを探してみてもジェネレーター先端の真鍮ナットの隙間にホルツのファイヤーガムを練り込んで締め直して下さい…みたいな記事です。価格は800円くらいの商品ですから、一度試してみては如何でしょう?各サイトの中にはコレで一発で直った!!!という人もいるようです。それとミキシング部の炎もれを一時的に無くす事は可能です。それは燃料タンク毎、手前に引き込んでフックにかろうじて掛かっているようにします。ただしその時点で圧が弱まり、バーナーリングからの青火が赤火に変わりますから事実上、好ましくありません。それから、真鍮ナットの形状の変化は直接、炎もれとは関係ありません。単にジェネレーターを高温で熱する事で揮発した燃料を勢いよくマニホールドに吹き込ませているだけの簡単な構造です。

画像

ID非公開

質問者

2020/8/11 17:38

回答ありがとうございます。早速、注文しました。