回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/11 3:24

1111回答

初心者のキャンプ。

初心者のキャンプ。 いきなりサイトでキャンプするのは難しいですよね? まずは練習?というか、コテージとかで何度かやってからのほうがいいですか? もともと毎年コテージ借りて泊まりでBBQとかはやったことがあり、いつも同じメンバーでやってていつかちゃんとしたキャンプやりたいねって話してました。 その場のノリで何人か何も考えずにスノーピークの机やら椅子やらグリルやらを買ってしまい、それならキャンプやる?となったのですが、誰一人知識のあるものがいません。(YouTubeとかは見てますが) ノリで始めたら大変なことになりそうなんですが みなさん、はじめてのキャンプはどんな感じではじめたのですか?

回答(11件)

0

そうしますと、BBQなどの火を使うのは既に経験済でしょうか? あとはテントやタープなどのロープワーク&ペグ打ちの知識と いう事になります。それほど難しく考えない様にしましょう。 ノリで始めるのもいいものですよ。小さな失敗の積み重ねが強固な スキルを作ります。 雪だるまを作った事はありませんか?直ぐに大きくしたのでは雨な どで簡単に破綻しますよね。しかし、硬く何層にも重ねて作った雪 だるまはそう簡単には破綻しません。キャンプも然りです。

0

いや、全然 不安なら事前に調べりゃいいだけ お前が気にしてんのって、時間がかかってかっこ悪いとかそんな所だろ あ、そこのスプレンディードってID変えたり名前変えたりしながら色々質問してる奴だぞ しかもID使い分けてBA取るための自演もする 前の名前は今宵はショータイム その前はワイルドボーイ ほかのIDはchi と 綿菅はるか と ぼけなす https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12224589527?__ysp=5LuK5a6144Gv44K344On44O844K%2F44Kk44Og そういえばchiのほうは最近、太平洋戦争経験者の女性になった 平気で嘘をつくし、人を騙すことに何も思ってない 自尊心を満たすことだけが目的の奴 ロープワークにいたっては知りもしないのにネットでそれっぽいのコピペして(回答は削除して隠蔽工作)それ載せてたブログでちょっとした騒ぎ http://blog.livedoor.jp/sikadeer/archives/52138229.html この前なんてこれ https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12229431177 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11212279721 バカな若者が多いとは思うけど、いい年したおっさんもこれだからな あと、どうもそいつ、ここで回答してるtekの影響を受けてるっぽい 正しく恐れるってのも前に見た気がする

1

ノリでスノピ揃えちゃうって凄いメンバーですね。 ID非公開さん達の年齢が不明ですが、スノピとかをノリで買えちゃうんだからそれなりの年齢である程度の一般常識や社会経験も実践も積んでいらっしゃると思います。 ホムセンに行けば今オンシーズンですので、粗方のラインナップが展示されていると思います。テントやらその他備品が実際のテントサイトの様に展開していますので参考にして買えばある程度の装備は完了します。 小学生の頃プラモデルやミニ4駆やっていれば設営は出来ると思いますよ。 後は役割分担を決めてやれば喧嘩もなく出来ますよ!! アタフタしていると隣のサイトの人が助け舟出してくれます。 キャンパーってその殆どが「お節介焼き」ですから、、、、。

1人がナイス!しています

2

中学三年の夏休みが、初自力キャンプです 親父が自衛隊から貰った三角テントを遣ってみたくて、 悪友三人、家にある野営道具をかき集め二泊しました 今みたいな便利ギアなんて無い四十余年前の悪戦苦闘 トムソーヤの秘密基地感覚で、すごく楽しかった それから病みつきになり、現在に至ります 皆最初は初心者で、最初から万事良好が好ましいけど、 ヘタな知識は邪魔であり、やって自信がつくものです コテージやケヴィン泊も、それはそれで良いけど、 テント泊を目的では、あまり参考にもなりません 出かける段取りから、テント設営の要領・要点 滞在中を快適に過ごすか?の工夫や知恵・道具等々、 実践あるのみです。実践しないとわからないでしょ? もうキャンプは御免!を覚悟で行くと案外楽しいかも ^^,

2人がナイス!しています

1

キャンプはどこからでも楽しむ事が可能です。 つまり、好きな内容から始めれば良いのです。例えばそれがテント設営であったり、焚き火、もしくは野外料理など…好みに応じて臨機応変にチャレンジしましょう。 このように多種多様なところもキャンプの魅力です。現在では、テーブルと椅子とウイスキー&氷があれば満足している私です。 キャンプっていいなぁ…と感じたのは中学生の集団登山でしたね。河原で5~6人のグループごとに別れて焚き火をし、その中の誰か(お金持ちの家の子)がマルシンハンバーグを家から持ってきてくれました。それまでお肉など食べたことがなかった私でしたが、あまりの美味しさに感動!!! それ以来、ずっと「いつかこんなキャンプをやってみたい…」という思いがありました。それ以来、少しずつお金を貯めては好きな道具を集めたりしてました。

1人がナイス!しています