回答(2件)

0

伝わるように説明すると長文になるので90%ぐらい端折って説明します。 自走型とは エンジン噴霧機とか芝刈機のように人が背負ったり手で押して使っていた道具にタイヤをつけてエンジン出力で走行出来るようにした機械を自走型○○○と言います。 耕運機とは 大昔に牛に鍬(くわ)を引かせて土を耕した発展型としてエンジンで車輪を回して鍬を引くトラクター(牽引車)が生まれました。 このトラクターにローターを取り付けエンジン出力でローターも回し土を耕す専用機として耕運機が生まれました。 管理機とは トラクターに耕耘ローターや溝掘り機とか噴霧機や畦草刈機をアタッチメントとして必要な人が必要な時に取り付けて使用出来る多機能機として管理機が商品化されました。 そして質問者さんの質問に戻って 管理機の歩行型と自走型の違いは 管理機そのものが自走型多機能機です。 その多くは歩行型ですが茶畑の茶摘み用多機能機と水田散布用多機能機には乗用型が有るためそれを識別するためにあえて歩行型と表記している機種も有ります。