かつてアドベンで飼育されていたシャチ達についての質問です。

かつてアドベンで飼育されていたシャチ達についての質問です。 ゴロ―の最終的な大きさは6.55m4.5トンと聞いたことがあるのですが、ラン、ルカ、キュー、ベンケイの最終的な大きさはどのくらいだったのですか?詳細なデータがありましたら教えてくださいm(__)m またゴロ―、ラン、ルカ、キュー、ベンケイはどのような性格だったのでしょうか?

動物園、水族館25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ゴローたちと一度も会わずじまいだった自分の口から話すのは賢しらかもしれませんが、手元にある『いつか、オルカ』という書籍(著者はアドベンチャーワールド(以下AW)の元オルカトレーナーの谷口・大出両氏)に断片的ですが情報があります。 【体格】 ゴローは体長6.5m・体重4t(搬入当時は体長2.6m・体重345kg)とあります。キアヌ(AW初の飼育個体)は体長6m近く・体重3tほどとあります。弁慶・ルカ・ラン・キュウに関しては具体的な数値は記載されていません。弁慶はAWの歴代オルカで一番大きかった、ランはルカより小柄という記述がある程度です。 【性格またはそれを窺えるようなエピソード】 弁慶:サボったので餌を減らすと抗議してきた ルカ:プールサイドにいるトレーナーをよくおどかしていた、おもちゃの浮具を投げ飛ばして遊ぶのが好き(頭上から降ってきて危険だったり遠くに飛ばしすぎて壊したことも)、歯磨きにこだわりが多い ゴロー:体格に反して気弱、ランが苦手(同じプールに居たがらない)、氷が大好き、女性トレーナーしか受け入れない傾向あり、見知らぬ人間が身体に触れるのを嫌がる、人間の素肌フェチ、雷が怖い ラン:キュウと仲良し(のちに夫婦になる)、ゴローに対して攻撃的、氷が大好き、夏休みのナイトマリンライブの花火を眺めるのが好き キュウ:ランともゴローとも仲良し(ランやゴローの真似をする) 同書の内容は懐古談や逸話がメインで記録・資料としては情報不足なので、ゴローの体格もアバウトな可能性はあります。飼育時期の古い弁慶の記述も少ないです。飼育期間の短い牛若やアイは名前も出てきません。 一方でランの出産やゴローの最期に関する記述は細やかで、中でもゴローが体調を崩す前日(亡くなる4日前)にハイテンションで異様に甘えてきたことや、亡くなる数時間前には衰弱しているのに遊んでほしそうに近寄ってきたという記述には目頭が熱くなりました。 お役に立てず申し訳ないです。

貴重な情報お教え下さりありがとうございますm(__)m 断片的な情報から大きさはベンケイ>ゴロー>キュー>ルカ>ランだった可能性がありそうですね。 ベンケイはもしかすると7mくらいあったかもしれないですね… 自身ゴローやキューが好きなので会えなかったのは悔やまれます、そしてキューはどことなく当時共に捕獲されたクーに似ているような気がします。兄妹の可能性もあったのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

教えて下さりありがとうございましたm(__)m 彼らの性格やエピソードが知ることが出来て良かったです

お礼日時:8/26 8:30