ID非公開

2020/8/12 22:29

66回答

御巣鷹の尾根は事故がなかったら、あんなに登山道が整備されることもなかったし、登山する人に限らず知られることのない山でしたか?

御巣鷹の尾根は事故がなかったら、あんなに登山道が整備されることもなかったし、登山する人に限らず知られることのない山でしたか? あの辺りには有名な山が沢山ありますよね 墜落の目撃情報として登山者がいてもおかしくない気がするのですが 一歩間違えたら山小屋や登山者の列に突っ込んでたかも

1人が共感しています

ベストアンサー

0

三国山は有名でしたが、事故現場に近い高天原山や大蛇倉山となると、事故前に名が知られていたかどうかは疑問ですね。 御巣鷹山となると、登山者の間では今でも行く人は少ないです。藪に覆われた視界の効かない山で、登るのが難しい上に登頂しても達成感を感じない登山者にとって「つまらない山」の典型だとのことです。 藪山オタクみたいな変わった登山者が、年に数人訪れているようではありますが。御巣鷹山に登頂した記録は、ネットを探してもあまり出てきません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おたくかい

お礼日時:8/19 12:12

その他の回答(5件)

0

こんばんは。 最初は御座山に落ちたと伝えられていたと思います。 それから訂正されたというように記憶しています。 当時登山道もなく、それはそれは大変な思いで捜索・救助されたと思います。 先の方が書いておりますが、かなりマイナーな山です。 当時の週刊誌が墜落現場の写真を掲載していましたが、見ていて気持ち悪くなるような現場でした。なので実際の現場はそうとう凄惨だったのだろうと思います。 生存者がいたことが奇跡でしたからね。 もしも登山道があったなら、もう少し助かった人がいたかもしれません。

1

>墜落の目撃情報として登山者がいてもおかしくない気がするのですが 付近には登って悪くはない山もあるにはあるんですが、どちらかといえばマイナーなエリア。山小屋もないあの辺りの山域を18:30過ぎに歩いているのがおかしいです。

1人がナイス!しています

1

場所特定に時間がかかったのは有名な山がなかったのではなく GPSがなかったからですよ 諏訪山には多くの方は行くがさらに10㎞は置くですから 今は上野のダムに南相木ダムが整備され通行止めではあるが舗装路もあるから ゲートさえ開けば移動はスムースです 35年前は未舗装の林道しかない時代

1人がナイス!しています

5

事故の日、ぶどう峠、諏訪山、浜平、大神楽沢あたりを歩いていた私は、すぐに場所を特定できましたが、御巣鷹と聞いて、それがどこなのか、多くの人はわからなかったようです。当時、西上州の山を知る人は少なく、山小屋もなければ、登山者はほとんどいなかったと思いますよ。バリエーション・ハイキングと称する山歩きを耳にするようになった今日でも、あいかわらず人は多くないと思います。

5人がナイス!しています