IPS細胞は、何でもできるのでしょうか。なぜ緑内障が治らないなら、視神経をIPS細胞で直すような技術開発がすぐに行われないのでしょうか。

IPS細胞は、何でもできるのでしょうか。なぜ緑内障が治らないなら、視神経をIPS細胞で直すような技術開発がすぐに行われないのでしょうか。

ベストアンサー

0

iPS細胞やES細胞にも出来る事とできないことがあります。 残難ながら、網膜からはるばる脳の外側膝状体他に達する百数十万本の視神経を再生して正しく接続することは難しいようです。動物実験でも視神経の再生実験はうまくいかないようです。(緑内障は網膜の神経節細胞が死滅して視神経が減少して無くなっていく病気です)。 今の所、緑内障は早期発見早期治療しかないですね。 OCT検査で早期発見が可能になってきたので、眼の健康診断を受けるのがおすすめです。 眼の病気で iPS細胞による治験が行われているのは、視細胞(桿体細胞・錐体細胞)が障害を受ける病気とか、角膜の一部などだけみたいです。

その他の回答(1件)