ここから本文です

掛軸の鑑定を出来る方へ 曾曾祖父の代から家にある軸です。 昭和45年の新聞...

xxx********さん

2009/2/922:37:55

掛軸の鑑定を出来る方へ

曾曾祖父の代から家にある軸です。

昭和45年の新聞記事がはさんであり
類似の様なので気になって

国立博物館にも問い合わせてみたんですが
鑑定業務はされていないようで、、、。

こちらで何か真意が若干なりともわかれば
正式に鑑定士さんへ持ち込もうかと思っています。
鑑定料が8万位なので躊躇してしまいまして。

はさんだあった新聞記事は太宰府の博物館のもので
「翰苑」の写本が見つかったという様なものでした。
祖父か父が生前に切り取って一緒に保存していたようです。

もしも若干でも内容等でも解る方がおられたら教えていただけますか?

翰苑,鑑定士,曾曾祖父,写本,太宰府,渡唐天神,無準師範

閲覧数:
415
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fei********さん

2009/2/1000:50:47

プロの鑑定では時代や作風、美術品としての価値を判定されるのでしょうが、
門外漢ですので、どういう絵なのかという点についてお答えしておきます。

これは、「渡唐天神(ととうてんじん)」の軸です。
天神が中国へ飛び、無準師範(ぶしゅんしばん)という
高僧に弟子入りしたという説話を描いた物です。
左脇の袋には弟子入りの証としての袈裟が入っており、
手に持っているのは天神を象徴する梅の枝です。
平安貴族らしい衣冠束帯ではなく、中国風の仙冠道服姿で描かれます。

「翰苑」(国宝)は太宰府天満宮が所蔵しているので、
その関係で一緒に保存してあったのでしょう。
内容的には全然関係がありません。

上の和歌は、渡唐天神説話に由来する
「唐衣(からころも)織らで北野の神ぞとは 袖に持ちたる梅の一枝」
の可能性がありますが、拡大してみないことには何とも言えません。

質問した人からのコメント

2009/2/10 23:34:55

降参 内容まで解るなんて!すごく嬉しく思います。
価値の有る無しに関わらず家宝なので
手放さず大切にしようと思いました。
ありがとうございます。
とっても感謝しています

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bvp********さん

2009/2/1011:25:19

テレビ東京のなんでも鑑定団に応募して見るのはどうでしょうか?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる