献血について質問です。 久しぶりに成分献血をしようと思い、献血ルームの予約ページを覗きました。 血漿は人気ですが、血小板は人気がないようです。 なぜ血漿の方が人気があるのでしょうか?

献血について質問です。 久しぶりに成分献血をしようと思い、献血ルームの予約ページを覗きました。 血漿は人気ですが、血小板は人気がないようです。 なぜ血漿の方が人気があるのでしょうか? 献血は10年ぶりで、いろいろと変わって驚きました。 よろしくお願いします。

ベストアンサー

0

回数を稼ぎたい人は、血小板だと年12回だったか、縛りがありますので、避けているのかもしれませんね。血漿だと24回までできますから。

その他の回答(1件)

0

「血漿は人気ですが、血小板は人気がない」とありますが、予約の埋まり方からの判断でしょうか。 推測になりますが、ルームによって機械の台数が異なり、血小板成分献血に対応できるキャパシティが低いのかもしれません。 若干とはいえ、血漿成分のほうが時間も短い、ということもあるかと思います。 私が定期的に行っている都内のルームでも、血小板成分のほうが予約可能な枠がそもそも少なく設定されています。