ID非公開

2020/9/1 4:19

99回答

注文住宅を建てる時、外構の設計はどのタイミングですか?

注文住宅を建てる時、外構の設計はどのタイミングですか? 私はこれから注文住宅を建てる予定です。 工務店も大分絞れてきました。 工務店が設計した図面のいくつかに外構も含まれているのですが、どの工務店と契約するか決めたら、気に入った外構の図面を持って外構専門業者さんに依頼しても大丈夫ですか? それとも、工務店には「外構専門業者に依頼したいから外構の設計は不要です」と伝えて、家の設計だけをしてもらい、外構は外構専門業者に設計してもらうのでしょうか? 後者の場合は、家の外観や形などとの相性のよい外構を設計してもらうために、家の図面を外構専門業者さんに持って行けばよいのでしょうか? 注文住宅を建てた人のブログ等を読むと、家の建築が進んでから外構工事についてバタバタと調べ始める人も多いみたいなので…。 みんなどのタイミングで設計してもらい、どのタイミングで専門業者に依頼をしてるのか気になります。 分かる方、ご教示ください。

新築一戸建て | 注文住宅62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

外構はHMに依頼すると高いのは分かってたので 私は引き渡し後に外構業者に依頼しました。 HM経由で依頼して無い外構屋さんが建築場所に入られるのは嫌がりますからね。 外構業者に依頼する前に 自分でどのあたりに立水栓や散水栓、ポストや駐車場を作り、どこを庭にしフェンスをどんな風に設置するかなど決め、それに合わせて外部電源などの100vコンセントもどこに付けるか事前に決めておくことです。そうすることによって打ち合わせがスムーズに進みます。 外観が出来上がって雰囲気がつかめてきたあたりから、図面を持って依頼しに行くと良いですよ。引き渡しがこの日なので、この日以降の早い時期にお願いしますと。 私が依頼したところは家を含め外構全体を3Dで作ってくれて見てわかりやすい感じでしたので、フェンスの色や高さなどもその場で変更しながら決めていきましたよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様有難うございました!予想以上に沢山の方からご回答いただけて、どのご回答も勉強になりました。

お礼日時:9/24 4:46

その他の回答(8件)

0

*通常当初から外構も踏まえた計画を行います。施主都合に合わせ施工別途扱い又は、外構別途扱いと成ります。別途にすればいずれの場合も引き渡し後の施工になります。

0

外構の設計は住みやすさにも直結する要素ですので、家の設計と同時進行するのが理想です。 屋外コンセントや立水栓の位置等は、はじめから決めておかないと家の完成後に変更するのは難しい場合もあります。お金もかかるし。 現実は家を建築しながら外構設計してバタバタと決めてしまうことが多いと思いますが。 私の家の外構は、家の図面を外構業者に持ち込んで作ってもらいました。 ハウスメーカーは中抜きもあるし、とても金額が高い上、ハズレを引くと技術的にもレベルが低い外構になったりします。 信用できる外構業者がある場合は、家の設計と同時に相談すると良いですよ。 私は積水ハウスで建てたんですが、外部業者の外構図面を見せたら、アドバイスをくれたり、家の設計を少し変えたりしてくれました。 ちなみに外構業者の中には、家が完成してから相談に乗ります、なんて業者もいるし、実際外構に着工できるのが家の完成後だから、と何週間も放置してくる業者もいます。 早めに動いて理想の家を実現しましょう!

0

外構は別途発注でも、メーカー選定時から合わせて提案依頼した方が良いです。 そして、ハウスメーカーと外構業者間では打ち合せが必要です。 住宅の外観や間取り案は、配置図に外構プランを含めて検討する事です。 建物のドアや窓、エアコン室外機・エコキュートなど給湯器の配置は外構プランに影響します。 特に玄関アプローチのデザインや、どこまでハウスメーカー側が施工するか、門扉やポスト・インターホン等も関係します。 細かな事を言えば、エアコン室外機を設置した後、外構でコンクリート施工だと室外機が邪魔して綺麗な仕上がりが出来ません。 外構を含めてプランニングし、契約は別途発注でも良いのです。

0

①、何れの場合も建物と外構を一体で設計が大切なこととは、貴方様も ご存知なはずです。近隣市内の工務店一社へ見積書の依頼で決めるなら 予算に合わせて、後日予算ができた時期に外構の工事を進めることです。 ②、大手会社へ依頼予算があれば、近隣市内の一級建築士設計事務所へ、 同じ詳細設計図と建築仕様書、外構図で近隣三社以上の工務店へ設計者 の助言を得ながら、貴方様が主導での条件付き見積書を依頼が良いです。 設計事務所も工務店も予算を提示し、その範囲で設計や施工物を決める。