回答(2件)

0

断層型ですから断層真上に地震計が設置されていれば測定値は大幅に変わったと思います これは最近で言えば熊本地震も同じだと思います

0

【阪神淡路大震災の本当の震度は震度7なのでしょうか?】( 2年前の賞味期限切れのハンバーグさん→) ・『震度7の地域(現地調査) 当時の震度階級は、震度0から震度7までの8階級で、震度0から震度6までは計測震度計で震度観測を行うこととしていましたが、震度7については現地調査により決定するものとなっていました。 地震発生後、被害実態の把握等のための現地調査及び地震観測強化を目的として行った現地調査の過程において、神戸市三宮や淡路島北淡町等で震度7に達することが明らかとなりました。そして、被害地域を中心としてより詳細な現地調査を行った結果、震度7に達している地域が神戸市須磨区から西宮市・宝塚市にかけて東西に帯状に分布していることが分かりました。また、淡路島の北部にも震度7の地域が存在していることが分かりました。 その後、気象庁は、震度階級を改正し現在の10階級に分割すると同時に、震度7についても計測震度計で速報できるようにしましたが、兵庫県南部地震での現地調査のデータが貴重な検討資料として活かされました。 現地調査の詳細は、「平成7年(1995年)兵庫県南部地震調査報告」(気象庁技術報告第119号)の「第2章 現地調査」(PDF形式、10.4MB)をご覧ください。 ・・ <現地調査による震度7の分布 図は省略>』 気象庁[ホーム > 各種データ・資料 > 過去の地震津波災害 > 「阪神・淡路大震災から20年」特設サイト > 観測データ・解析結果]<https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/1995_01_17_hyogonanbu/data.html> より. と言ってます。