回答受付が終了しました

我が家の庭にはヤモリが棲んでおり、日中は日当たりの悪い外壁にいて、夜どこかに行き、日が昇ると同じ場所に帰って来ます。

我が家の庭にはヤモリが棲んでおり、日中は日当たりの悪い外壁にいて、夜どこかに行き、日が昇ると同じ場所に帰って来ます。 ご近所の人はヤモリがいるとゴキブリやネズミや蝿がどんどん増える、と恐れをなしていて、駆除しろ駆除しろと大変うるさいです。 逆に我が家では蝿や蚊が減って来ているのでヤモリが駆除してくれているのでは、とちょっと可愛く思っているのですが、どうでしょうか? 皆様ご回答よろしくお願いします。

2人が共感しています

回答(2件)

5

ヤモリがいるとその他の無視が増えるというご近所さんの言が意味不明です。 どういう理論で増えるなんて発想に至ったんでしょうね? ヤモリはその名の通り漢字で「家守」と書き、家の守り神として、またその家を繁栄させる生き物として古くから縁起物として扱われてきました。 それだけでなく、現実的な所では蜘蛛やハエ、ガ、小さなゴキブリなどを捕食するので害虫退治にも一役買ってくれるありがたい存在です。 (裏を返すと、害虫がいない(=餌がない)家には来ないので、家に害虫がいるって事にもなりますが・・・) 人間に対しては害も毒も無く、人を見れば逃げ、万が一噛まれても歯がなく全く痛くない生き物です。 見た目も可愛いので優しくしてあげてください。

5人がナイス!しています

1

日本に多く生息するヤモリは体が小さくクロゴキブリを捕食できないどころか、その糞がゴキブリのエサとなります。ゴキブリ増殖待った無し。 蚊はそもそも昨今の夏の気温に耐えられず活動が鈍っているので、ヤモリが理由で減ってると言えるのかどうかはあやしいです。

1人がナイス!しています