回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/2 18:49

44回答

official髭男dismとking gnu

official髭男dismとking gnu 去年末、今年はじめくらいまでは人気を二分していましたが、最近は髭男に比べキングヌーの人気が落ちている?気がします。何故ですか?

邦楽91閲覧

回答(4件)

1

色んな要因があると思いますが2つ程 一つに日本でもサブスク(spotify, apple music等)で音楽を聴かれるようになり、話題に上がり続けること、聞かれ続けること人気の要因の一つとなってます。髭男は去年の10月にアルバムを出した後もI LOVE..., パラボラ, Laughter, HELLOとシングルを継続的に発表しており、どれもタイアップがついていて話題性も欠くことなく活動してます 一方KingGnuですが白日のヒット後に飛行艇, 傘とデジタルシングルを出し、今年1月にCEREMONYを出した後1つも作品を出してません。映画主題歌予定だった「泡」も公開延期に伴いまだ世に出てません。他にコロナによりツアーがすべて延期、リーダー常田が別プロジェクトの楽曲制作中と実質活動休止しています(テレビにはちょくちょく出てたりしますが) 2つ目の理由ですが歌もの、カラオケ文化にあると思います。髭男の曲は基本明るめでサビでドンと盛り上がる曲が多いです。一方KingGnuですが基本曲調が暗めで盛り上がりにくい、ツインボーカルの常田パートが低くて女性が歌えない、リズムが難しい等あまりカラオケに対して優しくない曲が多いです。ボーカルのメロディに重点が重いJPOPにおいて髭男の方が有利で長く好まれると思います ここまで長く語りましたが、キングヌーの人気は話題に上がらないだけで落ちてないと思います。彼らはアングラな雰囲気を持ち合わせながら可能な限りTVやフェスでの露出を増やし、圧倒的実力派の演奏とカリスマ性、ユーモア(Mステ階段,teenagerのMV等)を持ち合わせ全力で走った結果メジャー1年で紅白出場までこぎつけています。 それゆえメンバーもかなり身を削ってる部分もあったそうなのでこれから暫くは落ち着いた活動をしていくと思われます。 長文失礼しました

1人がナイス!しています

1

髭男の方が安定っちゃ安定です King Gnuはヒット曲が白日くらい(?)なので新曲がでない間に香水とか夜にかけるとかですぐ入れ替えられてしまいました 髭男はロングヒット型の曲が5曲くらいあるので香水とか夜にかけると比べると曲単位では負けていても、ランクイン数ではやっぱり今でもすごい数です また髭男は最近フィジカル売り上げが増え再生数とのバランスも良くなったのもあります。

1人がナイス!しています