回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/5 10:59

22回答

現職の自衛官が慈善活動を主な活動内容としたNPOを設立もしくは既存のそれに参加する事は可能ですか?

現職の自衛官が慈善活動を主な活動内容としたNPOを設立もしくは既存のそれに参加する事は可能ですか?

回答(2件)

0

公務員は職務専念義務があって副業禁止ですからね。ただ実家が農家で収穫期に代休や年休使って手伝ったり、小売店で家に帰ってから店に立ったり在庫整理したとかっていうのはあるようです。 2015年に渡航申請せずにチュニジアに旅行して、現地で銃撃事件に巻き込まれて3佐の方が銃創を負ったことが話題になりました。医官先生だったので、当初は『国境のない医師団』などメッセージ性を持った団体に加入していたのではないかとの観測が流れましたが、単なる観光だったようです。 NPOに加盟しても、政治的に自衛隊の国防態勢に相反するような主張を持つものだったり、特定政党の出先機関だったりする場合もありますので、公務員の中立性を阻害するようだとアウトです。また志は高くても実態はネズミ講みたいな勧誘組織に、自衛隊は封建制度で先輩隊員から勧められると断りにくいという素地がありますので、情報保全隊も隊力を低下させる要因として常に警戒しております。 米軍などはチャプランという従軍牧師が仲介者となって、クリスマスに養護施設を訪問するなど慈善事業が軍の伝統として引き継がれていますが、自衛隊の場合ですと突飛な印象を受けますね。何お前余計なことに手を出すんだ、そんな暇あったら警衛か当直ついてくれ、かわい子ちゃんに金踏んだくられて終わりだぞ、と応援してくれる仲間はいないでしょうね。

森田哲哉1等海佐さんはデリヘル経営で懲戒免職喰らいましたが、罪状は秘密を守る義務違反だったそうです。秘密保全に抵触する危険もあります。 我が団体は世界平和追求のため地下活動によって現政府の転覆を計画している。そのために自衛官の君、コピーを製造するので最新鋭の20式小銃の分解写真を入手してくれたまえ、なんてね。

画像
0

勤務時間外で可能な無償ボランティアなら可能かも知れません。それ以上となれば、公務員の服務規定違反となるので不可能です。