回答受付が終了しました

急ぎです 高校の美術の課題で「美術」「デザイン」分野で好きな作家を調べて自分なりの作家論を書けと言われました。

急ぎです 高校の美術の課題で「美術」「デザイン」分野で好きな作家を調べて自分なりの作家論を書けと言われました。 絵をみたり、その人について知ってもへーそうなんだとしか思えない私でもなんとかA4用紙3枚埋められるようなものなにかありませんでしょうか?日本語下手くそですみません。

美術、芸術24閲覧

回答(2件)

1

興味の無いものは書けないと思うので、まず作品で好きだとか、これはなんだ?と思ってるようなのから入ったらどうでしょうか。 偉人伝・人物論みたいなのじゃなくてどういうことを考えてそういう作品になったのかに焦点を絞る。美術の課題なので。 高校生の課題なら高度なものは期待してないですから本やネットからの引用と自分がそれをどう思ったか正直に書けばすぐ埋まります。むしろ短くするのに苦労する。 引用について何か課題の決めがあるならそれを守り、引用部分は必ず番号などを振って別紙にでも引用元を書いておくこと。これさえ守れば引用はOKです。ただし引用の方が多いのはちょっと印象悪い。 本文中に「〜によると」と引用元を入れて書くと字数が稼げるかな。 本を買うとか借りる場合はどうしてもその本の影響が大きくなるんでいい本を選ぶことですね。でも定評のある本は内容も難しいかも。 展覧会に行ってたらカタログを買って読みながら、ああでもないこうでもないと書いてたらすぐ終わってしまいます。

1人がナイス!しています

好きな作品から始めて、その人の他の作品との共通点や、時代で変化していればそれを書いて、その理由を書けば作家論になるのでは。

1

図書館に行って、小学生向けの偉人の伝記のマンガシリーズを読みあさってみるのも良いですよ。 学習マンガならば、史実とあまり遠くかけ離れた脚色はしていないと思います。ざっと概略を掴むためです。 その中で自分が共感できる作家がいれば、その人について、高校生レベルの本を調べ直したりしても良いです。 美術図書のコーナーで美術史の本を見ると、歴史の中でのその人の立ち位置が分かって来ます。 深く読んでいると間に合わないので、興味があるところの前後をかいつまんで調べましょう。絵や資料を眺めて見比べてみましょう。 それらを眺めて、作家と作品について何か一つテーマを決めて書いてみてはいかがでしょう。 例えば、青春時代に挫折しまくった作家の作品の流れとか、 自分の好きなデザインはこういう背景で生まれたとか、 切り口は自由です。 頑張ってください。

1人がナイス!しています