ID非公開

2020/9/9 12:01

66回答

宇宙が無の状態から誕生したと言う説が事実なら無を作り出す事が出来れば新な宇宙を作る事も可能なのですか?

宇宙が無の状態から誕生したと言う説が事実なら無を作り出す事が出来れば新な宇宙を作る事も可能なのですか?

天文、宇宙 | 物理学65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

理論上では可能ですが、「無」というのは時間も空間も無い世界ですので、人間が人工的に作る事は不可能です。 そもそもビッグバンというものが本当に起きて宇宙が誕生したのかも、実に怪しい話ですからねw

その他の回答(5件)

1

さてそれはまだわかってないところだな。素粒子の大統一理論やさらにその先の万物の理論は宇宙の始原から始まる宇宙の構造を説明できると期待されるが、そこに先験的なパラメータがいくつ含まれるのか全く含まれないのか、わかってはいないからだ。 現在考えられている仮説(たたき台)ではかなり多くのパラメータが残り、それが生まれた理由は説明しない。 なのでそのパラメータがいつどうやって決まるのかもわからない。宇宙が始まった瞬間かそれ以前か。ランダムなのか決まってるのか。 宇宙が最初の状態に逆戻りすればそこから今とは全く違う宇宙になるのかどうか。 ホーキング博士は生前、宇宙が今のようになった蓋然性は大きく、ちょっと違う宇宙だったとしても似たようなものになる確率が高かったから、今ある宇宙は特殊ではない、と示唆していた。

1人がナイス!しています

0

私は宇宙に、空間もなかった無の状態がなかった考えをしてます。 宇宙の空間は元からここに無限の広がりであって、それで空間が現れたという事もないし、その時に物質が一緒に現れた事もない事になります。 物質は元からあり続けていて、全てで広がりと集まりを繰り返していました。 全ての物質が冷えて来て重力場だけが強くなって、全てが圧縮密度の高温になって行き場を失って、それで反発の力になって広がったのです。 全てが圧縮された時に、地球にあった物質の種類も初期化されたような状態になりました。 広がった時に銀河が熱の溜まりで分離して、そこから恒星も分離した出たので、これも熱の塊でした。 そして恒星は密集した小さな塊でしたが、これが水素を噴き出して行って大きくなって来て、この中で核融合が進んで物質の種類が増えたのです。 この核融合する場所は中心ではなくて、もっと上の方に膜状に囲って起こりました。 こういう事で回答しているので載せてみます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14228566269 なお科学では太陽よりはるかに大きいとされている超巨星が爆発して来たとしてます。 丁度これに似たものとして、そのベテルギウスです。 先ず科学で言うように、ベテルギウスが爆発すると言われている理由を書いてみます。 昔から言われているのですが、地球等の惑星が出来ている理由は、宇宙に浮いていた物質が集まって来て、中央に太陽が出来た時に一緒に地球等が出来た事になってます。 それでその前に爆発でガスや物質が散らばったとしておく事が、今の科学の基本になってます。 これが元で太陽系などが出来ていれば、物質の種類に恵まれた地球も惑星として出来ます。 宇宙が空間が突然現れて広がっている事になってます。 この時一緒に物質も現れたのですが、これは水素など極簡単な構造のものだけという訳です。 それで恒星と惑星が出来て行く過程で、集まっても決して地球のような惑星が出来る筈はありません。 こういう事で地球のような物質になるものが宇宙に散らばしておく為に、前もって恒星を爆発させる仕組みを考えたのです。 こういう理由で出て来ているのが、ベテルギウスのような超巨星だったのです。 私は上のように宇宙観も恒星の構造も違いますから、ベテルギウスは決して爆発しない考えになります。 しかし今の科学で100パーセントとも思えるほど,宇宙科学者ではこれが必ず爆発するものにしています。 そして今直ぐにでも爆発しても可笑しくないとされ,それが数万年後でも宇宙規模の時間では直ぐの内らしいですけれど。 爆発の光が届くのに距離で600光年くらい離れているので,600年前に爆発していれば,明日にでも光が届いて見られても可笑しくないとされています。 しかし私はこれは決して爆発しない考えです。 さてこのベテルギウスのような質量では莫大な量で,宇宙初期に現れた超巨星と同じものとされています。 このような巨星は太陽の質量の10倍以上もある事になっています。 それでベテルギウスのように超巨星が将来爆発するように言われているのは,これが最終的に縮む時に,落ち込む勢いが強くて急激に内部に熱が溜まって,そして中央にあった硬い物質に当たって跳ね返る勢いが爆発になるというものです。 ところで私が考えですが,膨張して膨らんで囲っている殆どの部分が,水素などの軽い物質です。 それが冷えて縮んで行く時は,単に縮んで小さくなるだけで,爆発になるような衝撃的な落ち込み現象が起こる要素はありません。 これは科学で言っている,恒星が周りの物質を集めて出来た最初の頃と余り変わりない事になります。 ただこの時は既に中心に出来ていた重い物質があるだけです。 単に周りの全ての物質がそこに段々と落ちるようにして,降着して積み重なって行くだけで,結果的に大きめな木星のような姿になったものだけの想像になります。 それで爆発と言える現象は,私の思考の恒星の構造から来ていると思慮してました。 恒星の中に球状の膜が,核融合で発達して出来ている思想ですから,その内側でガスが溜まって膜状を破って破裂させた状態が爆発です。 科学には一切このような構造で恒星を考えていませんから,スッポリ大事な事実を抜かしています。 それ故ベテルギウスのような超巨星が爆発する事に固守してます。 なお恒星が巨大に膨らむのは,中心にある核から出続ける水素が止めどなくなってしまったからと私は考えていました。 これは出る量の方が多過ぎて,核も小さくなって重力も減って,これで引きつけ支えて全体の形を保っていたのが,この重力が弱くなって,引き付け支え切れなくなった為です。 ところで私の恒星が爆発する仕組みは、中に膜状態がある事が原因でした。 その観測例で、上のURLにV838を載せました。 これは内部から出るガスの膨らみで、全体の膜状態を押し上げた為に、外にある全体のガスを押し出した事になります。 このように私の恒星が爆発する仕組みは中に膜状態がある事でした。 とれで1987Aという超新星爆発が起こっていますが、これは青色超巨星だったので、巨星が爆発した例に出されてます。 しかしこれも膜状態が原因です。 それで巨星が爆発した例に1987Aを科学では上げていますが、これは科学で言う爆発と関係ないと考えてます。 これは私の恒星観は中に膜状に発達して核融合が起こっている事が原因と考えてます。 科学では巨星が爆発した例にしてますが、私は科学が言うような事が原因とは思ってません。 科学では超巨星が爆発するとして、現実に今観測されているベテルギウスが爆発が起こる事になってます。 それで1987Aが爆発した事で、これに類してベテルギウスも爆発すると言われてます。 ところが私はベテルギウスは爆発しない考えです。 ベテルギウスの説明は既に上で述べたような事になります。 さてあくまでも恒星の中の膜が原因で、超新星爆発が起こるというのが私の考えです。 全ての物質の種類が出来たのは、太陽のように恒星の中だけでです。 ところで60億光年からこちらを観測していた科学者のチームが,超新星爆発の状況で距離と加速を判断して,若干加速で見えるという事になったのです。 これは驚くべき発見とされ,空間は将来に渡って広がり続けるとされています。 そしてこの発見の人達はノーベル賞を貰っています。 これは宇宙が空間ごと広がった事で成り立つ話です。 そしてこの加速させているエネルギーが不明とされ,これをダークエネルギーとしてます。 ところが私の思考のような物質的な広がりでは,将来集まって来る理由になるのです。 それは全ての物質が集まった時は途方も無い量で圧縮されて,それから縮まった勢いで反発して広がるのです。 この集まった集団はかなりの大きさの球体です。 それで広がる時は回りから銀河群が剥がれるように広がるイメージになり,そして遠のくのです。 この時光を遥かに超す信じられない倍数の速さであっても,段々と衰えて行きます。 そして後から広がっている物は,時が遅れた為に,こちらから見ると未だ加速の方が速い状態で残っています。 これに対して遠くほど,先に起こった状態で加速が衰えて見えます。 それで比べると,あたかもこちらに近い方が加速して見えるのです。 しかし現状では違うことになります。 それですから1億年から5億年の後では、こちらから順序良く遅くなって来るのが観測されるようになって来るはずです。 今は経過的な時の流れで、言わば錯覚されているようなものです。

0

「宇宙が無の状態から誕生したと言う説」の中で語られる無とは、何にもない無のことではない。前提が間違ってるので、下の回答者連中も含めそんな事いくら考えても無駄。 無駄じゃ無駄じゃ

画像
0

質問を言い換えると 0から1が誕生したとすれば、0を作れば1を作れるかどうか。 0を作ったしても、1になるプロセスがわからないので作れないかと。

0

「無の状態」の無を素粒子物理学者は研究しています。 超弦理論、ひも理論、統一場理論などの研究を通じて、 無の状態の解明に近づくかもしれません。 現代素粒子物理学の最先端の1つです。 まずはそれらの研究者になってから夢を語りましょう。