労基に関して詳しい方いたらお願いします。

労基に関して詳しい方いたらお願いします。 職場で翌日0時30分までの8時間労働し、翌朝5時半から仕事なのですが、研修ということで被研修者はホテルに泊まらずそのままソファーで寝ろとのことで指示が出ています。 (翌日も8時間労働予定) この場合は帰宅できない時間まで働かされ、交通費も宿泊も出来ず、翌朝も電車での出勤が不可能な時間帯からの仕事をスケジュールされているわけなので、実質的な拘束時間ではないのでしょうか? よく勤務までは職場にいるわけですが、残業代は出ないとのこと、これは違法になりますでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

変形労働時間制なら残業代が発生しなくても問題ない場合もあるけど 情報が少ないので何とも言えませんね。 5:30~14:30(休憩1h)の後 15:30~0:30(休憩1h)って事ですよね。 このローテで残業が発生しない場合は 変形労働時間制で且つ出勤日は2日半までです。 つまり、月曜・火曜は上記の勤務で、水曜は半分。 たぶんそんな事は無さそうなので 法定外労働時間は発生してますね。 変形労働時間制を適用していない場合は 5:30~14:30が通常勤務 15:30~22:00が時間外労働 22:00~0:30が時間外+深夜手当 となります。

返信ありがとうございます! 情報が少なくすみません。 15:30~0:30(休憩1h)の後5:30~14:30(休憩1h)で間違いありません。 ちなみに変形労働時間制となっています。 例に出していただいた、月曜日、火曜日がこの勤務の後によく水曜日以降も土曜日までの5日間、通常勤務8時間労働(休憩1h)が続く形となっております。 0:30〜5:30の現場での泊まり込みは、法定外労働時間が出るということですね(^^) ありがとうございます! 配属された現場がそれを普通のことと捉え残業代を請求してないようので私から変えていこうと考えており、確認したかったので助かりました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

この度はありがとうございました。 参考にさせていただいて、職場の困っているメンバーとも対応を考えてみます!

お礼日時:9/16 14:53

その他の回答(3件)

1

労働契約によってあらかじめ約束した労働条件で雇用されているのですから、ご質問内容が労働条件に適合しているかどうかの問題になります。 重要な労働条件の一つに始終業時間があります。 0時30分までの8時間労働し、翌朝5時半から仕事をすることが労働条件の例外であるならそれを承諾した時点で例外を受け入れたことになります。 受け入れがたい例外であれば、それを要請されたときに拒否すべきなのです。 ご質問の残業代についてはご質問文内容を見る限り支給されません。

1人がナイス!しています

1

拘束と考えることはできますね。ただ労基法では拘束時間=労働時間ではありません。労基法の範疇で「拘束時間」という文言が出てくるのはドライバー職だけです。それであっても拘束時間に制約があるだけで、労働時間とイコールではないため、拘束時間全てに賃金を支払う必要はありません。

1人がナイス!しています

1

>この場合は帰宅できない時間まで働かされ、交通費も宿泊も出来ず、翌朝も電車での出勤が不可能な時間帯からの仕事をスケジュールされているわけなので、実質的な拘束時間ではないのでしょうか? 職場での仮眠時間であっても、労働時間か否かというのは、指揮命令下にあるか否かで判断されています。制服での就寝が義務付けられ、就寝中に非常ベルなどが鳴った場合、何等かの対応が義務付けられている(大星ビル管理事件最高裁)のであれば、労働時間といえますが、質問のケースでは、少なくとも、労働基準監督署での指導等は無理ですね。あとは民事的にどうかという問題はあります。

1人がナイス!しています