ID非公開

2020/9/10 19:43

33回答

音楽の著作権の問題について質問させてください。詳しい方回答お願いします。 私の知り合いの務めているとある小学校で来月運動会を行うそうです。その際に、密を避けるために保護者を運動会

音楽の著作権の問題について質問させてください。詳しい方回答お願いします。 私の知り合いの務めているとある小学校で来月運動会を行うそうです。その際に、密を避けるために保護者を運動会 に入れないかわりに、運動会の様子をYouTubeライブで配信する案が出たそうです。もちろん運動会ですのでダンス等も行う予定らしいです。 そこで質問なのですが、もし運動会等のダンスでCD音源を使い、更にその様子をYouTubeライブ等で配信する際には、使用楽曲等の著作権に引っかかるのかどうか、またどこかに許可の申請等が必要なのか、楽曲使用料みたいなのが必要なのか等々気になったので質問しました。 もちろん、私もこの話を聞いて、コロナ禍で運動会をやろうとしてること自体がどうかと思うし、運動会に保護者が入れないのもどうかと思うし、YouTubeライブで配信してそもそも大丈夫なのか等々ツッコミどころは沢山あると思いますが、今回は楽曲の著作権のことに焦点を当てて回答を募集したいと思います。宜しくお願いします

学校の悩み | 小学校40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

3

ID非公開

2020/9/11 8:45

著作権法第35条第2項 公表された著作物については、前項の教育機関における授業の過程において、当該授業を直接受ける者に対して当該著作物をその原作品若しくは複製物を提供し、若しくは提示して利用する場合又は当該著作物を第38条第1項の規定により上演し、演奏し、上映し、若しくは口述して利用する場合には、当該授業が行われる場所以外の場所において当該授業を同時に受ける者に対して公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含む。)を行うことができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該公衆送信の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

3人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

「楽曲」の方は、ほとんどのメジャー楽曲についてはJASRACの許可でカバーできるかと思います。 ただし、「楽曲」とは別に「音源」にも権利があり、こちらで引っかかる可能性はあります。 ただし、YOUTUBE上での利用を許可されている「音源」もあります。 が、YOUTUBEは「許可されている音源」のリストの公開をやめてしまったらしいので、事前には分かりません。 ニコニコ動画はリストを公開していますが。 なお、一応ですが、「権利者から苦情が来なければいい」というのは、「バレなければ万引きしてもいい」と言っているのと同じです。 要するに、「被害者が被害を訴えなければいい」と言っているんですから。 万引きでも、「被害届を出すと手続きに時間がかかるから、出さない」という被害者はいくらでもいます。 同じように、「被害を訴えるのが手間だから諦めている」という著作権者もいます。 上記の通り、権利者は「許可を出すこと」ができます。 普通の考え方であれば、「勝手に使ってみて、文句を言われたらやめよう」ではなく、「使う前に、使っていいかどうか確認しよう」でしょう。 「確認できない」なら「使わない」のが当たり前です。 少なくとも、「小学校の行事」で、「大人」が「勝手に使ってみて、文句を言われたらやめよう」なんていうスタンスを子供に見せるのは、どうかと思います。 子供がマネしたら、どう言い訳するんでしょう?

念のためですが、35条は「教育を担任する者及び授業を受ける者」による利用が対象です。 保護者等は、「教育を担任」しているわけでも、「授業を受ける」わけでもありませんから、質問のようなケースは対象にはなりません。

0

著作権法の「公衆送信」に類する問題ですが 一般論としての回答をすると 「問題はある。 けれども、現実問題として 著作権者からの苦情がない限り問題なし」 という曖昧なことになっています。 本来、音源を第三者が勝手に ネットを使って公衆送信すると 著作権侵害が発生してしまいます。 かといって、著作権侵害は、権利保有者が 苦情を申し述べない限り放置されるわけです。 これは、著作権侵害状態が全てが悪いと言うことではなく たとえば、あなたが無名のアマチュア作曲家だったとして あなたが作曲した曲が 有名タレントがMVかなんかで 仮に口ずさんでくれたら嬉しくないですか? その類いのことは山ほどありますので 個人が、非商業的に公開しているものには 社会的にも厳しい対応が取られていないのが現状です。 それに、著作権者が全ての「違法使用」に 苦情を訴えることは 物理的にも、心理的にも不可能です。 流し放題というわけではありませんが 一般論として、学校関係のBGMになっているケースでは お目こぼしされているのが現状です。