回答受付が終了しました

モンスタークレーマーの言い掛かりにはどのような物がありますか? 出来るだけ卑劣で悪意に満ちた難癖を教えて下さい。

モンスタークレーマーの言い掛かりにはどのような物がありますか? 出来るだけ卑劣で悪意に満ちた難癖を教えて下さい。

回答(1件)

0

この乗客は悪質なクレーマー。 自分は客だから神様だ。 だから お前らは 客である私に 従いなさい!と威圧、命令する カスタマーハラスメントと同じ。 些細な事で コンビニ店員に 因縁をつけて 土下座させる客と同じ。 こういう客,危ないよ! 飲食店でアルバイト経験のある人なら 誰でも こういう厄介な客に出くわしたこと あるはずです。 航空会社は こういう悪質クレーマーを想定して 機内に 監視カメラを設置したほうがいいね。 それで、一部始終のもめ事を 録画、保存する。 ↓ ピーチ機で乗客がマスク拒否、騒いで飛行機降ろされる 9/8(火) 20:50配信 朝日新聞デジタル 北海道の釧路空港発関西空港行きのピーチ・アビエーション機で7日、乗客の男性がマスクを拒否し、大声で騒ぐなどしたため、同機が新潟空港に臨時着陸した。8日、同社への取材で分かった。 同社によると、客室乗務員が離陸前からマスクの着用を求めていたが、男性が拒否を続けたという。 そのため、男性周辺の席の乗客を移動させた上で、約45分遅れの午後1時15分に出発。その後も男性は機内で大声を出したり、他の乗客と言い争ったりして、客室乗務員の注意も聞かず威圧的な態度をとったという。 機長は航空法の安全阻害行為にあたると判断。新潟空港に臨時着陸し、男性を降ろした上で出発した。 関空には約2時間15分遅れで到着。同機には乗客約120人が乗っていた。 同社の広報担当者は「マスクの着用は義務ではなくお願いベースなので着用しないからといって搭乗拒否できない。今回は大声を出すなど、機内の秩序を乱す行為があったので男性に降りてもらった」と話した。(川田惇史) 朝日新聞社 https://news.yahoo.co.jp/articles/834305eea44fa1dcd6d8be2de5a4ddaa7e99a140 マスク拒否し「非科学的だ」と乗務員威嚇の男性客、 関空行きピーチが新潟に着陸し降ろす 9/8(火) 15:02配信 読売新聞オンライン 釧路空港(北海道釧路市)発関西空港行きのピーチ・アビエーションの機内で7日、マスクの着用を拒否した男性客が客室乗務員を威圧するトラブルがあり、同機が新潟空港に臨時着陸して男性客を降ろしていたことがわかった。 航空各社は新型コロナウイルス感染防止のため、乗客にマスク着用を要請しているが、国土交通省によると、着用を巡るトラブルで国内線旅客機が臨時着陸したのは初めてという。 同社や同乗していた客によると、釧路空港を離陸前、客室乗務員がマスクの着用を求めたが、男性が拒否したため、周囲の乗客を別の座席に移動させ、午後1時15分頃に出発した。 男性はその後も要請を聞き入れず、「非科学的だ」「要請するなら書面を出せ」などと言って乗務員を威嚇、大声をあげたため、新潟空港で臨時着陸。機長が乗務員を通じて降りるよう求め、男性が応じたという。 関西空港には予定の約2時間15分遅れで到着した。 同機には約120人の乗客がいた。 https://news.yahoo.co.jp/articles/a040ff111dcdebce0008078caabe86bdcc03634a 機内でマスク拒否して威圧 関空行きのピーチが臨時着陸 9/8(火) 19:00配信 産経新聞 北海道の釧路空港から関西国際空港に向かうピーチ・アビエーション機内で、乗客の男性がマスク着用を拒否して大声で客室乗務員を威圧し、新潟空港に臨時着陸して男性を降ろすトラブルがあったことが8日、同社への取材で分かった。 新型コロナウイルスの感染防止のため、航空各社は乗客にマスク着用を要請しているが、国土交通省によると、着用を巡るトラブルでの目的地変更は初めて。 ピーチによると、トラブルがあったのは7日。離陸前に客室乗務員がマスクの着用を求めたが、男性は拒否し、午後0時半の出発が約45分遅れた。 その後の飛行中も大声を出すなど威圧的な態度が続き、機長が航空法の安全阻害行為に当たると判断して臨時着陸。航空機を降りるよう求め、男性は応じた。その後、関空に向けて出発し、約2時間15分遅れで到着、乗客125人に影響が出た。 広報担当者は「安全を最優先に対応した。マスクの着用は義務ではないが、引き続き強く要請していく」と話した。 航空法は、航空機の運航や他の乗客の安全に支障を及ぼす恐れがある行為を禁止しており、従わない場合、50万円以下の罰金が科せられる。 https://news.yahoo.co.jp/articles/984fdd7c5b15730f2c903ca149b4d49d1e209dfd 「マスク拒否」そのものが原因ではなく... トラブル客、飛行機を降ろされた顛末 9/9(水) 20:15配信 J-CASTニュース 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションの機内で、マスクを拒否した男性客が大声で客室乗務員らを威嚇して途中で降ろされたトラブルの一部の様子がユーチューブ上に動画投稿され、様々な意見が寄せられている。 この男性客は、マスク着用や席の移動を求める乗務員らに独自の反論を繰り返していた。ピーチでは、マスク拒否ではなく、安全阻害行為があったため降りてもらったと説明している。 ■「どうしてマスクをしていないのか?」と別の客がただすと言い合いに 「ちゃんと乗っているはずだから、何も別に問題はないはずです」 同じ列にいるマスクをした客が迷惑そうに見る中で、この男性客は、通路にいるマスク姿の客室乗務員2人にこう説明した。男性客は、3席と通路を挟んで3席ある列のうち、左の3席の通路側におり、窓側の客との間には1席空いていた。 乗務員の1人が「周りのお客さまが...」と言い始めるが、男性客は、腕を組んだまま動こうとしない。 「お客さま、通路側に1名ずつ空いているところありますので、こちらに」 別の乗務員が言いかけると、男性客は次のように反論した。 「席の移動はしません。これはもう、自分で席は発券されているわけですから。席は発券されて、それでまあちゃんと別にここにすでに座っているわけですから、私が移動することはもうありません」 これに対し、この乗務員が「指示に従わない場合は、そのまま降りて下さい」と伝えると、男性客は「それは無理です」と即答した。 男性客は、要請は聞くが、必要な書類があれば書くと繰り返し、乗務員が別の席に移動するよう再度求めたところで、2分ほどの動画が終わっている。 各メディアの報道などによると、トラブルは2020年9月7日昼過ぎに起きた。 釧路空港発関西空港行きのピーチ機で、男性客に別の客が「どうしてマスクをしていないのか?」と離陸前に問いただしたことで、言い合いになった。 「ほとんどの客がマスク着用に協力、トラブルもなかった」 前出の動画は、仲裁に来た乗務員らが男性客にマスクを着用するか席を移動するか求めたときのやり取りのようだ。 このときは、男性客のいた3席と同じ列の3席にいた他の客らが席を移動し、ピーチ機は43分遅れで出発した。濃霧の影響で釧路への到着が遅れたのとマスクトラブルのためだ。 ところが、男性客は、その後「侮辱罪だ」などと大声を出して他の客と言い合い、仲裁の乗務員にも口答えした。マスク着用については、「非科学的だ」「書面を出せ」などと騒いだという。乗務員が男性客に警告書を渡しても、「やれるものなら、やってみろ」などと威嚇し、機長が機内の秩序を乱す航空法第73条の安全阻害行為と判断し、急きょ新潟空港に臨時着陸した。 空港では、男性客は乗務員の指示に従って機内から降り、ピーチの係員が男性客を引き継ぎ、新潟県警の警察官も立ち会った。 このトラブルで、関西空港に着いたときは、2時間15分遅れとなっていた。機内には、男性客以外には124人が乗っていた。 ツイッター上などでは、男性客について、「意見としては分からんでもない」との声も一部であったが、「ルールに従えないのなら乗るべきではない」「面倒くさそうな人。他の人の迷惑よりも、相手を論破することを優先してる」などと厳しい声が聞かれた。 男性客に対しては、損害賠償を求めたり今後の搭乗を拒否したりするのだろうか。この点について、ピーチの広報担当者は9月9日、「今決まっていることはないです」とJ-CASTニュースの取材に答えた。 マスクについては、着用をお願いしているものの、強制はしていないという。今回の措置は、マスクが原因ではなく、あくまでも乗務員がトラブルに付きっきりで業務に支障が出て、安全に運行できないと判断したためだとしている。 「マスクは、ほとんどのお客さまに着用の協力をしていただいており、これまでにトラブルはありませんでした。機内では、着用が基本ではありますが、小さなお子さまや熱中症や病気などが理由のお客さまは、着用していただかなくても大丈夫です」 https://news.yahoo.co.jp/articles/a4b445af4e8476885d75afc4be02052ba73a68d4?page=2