ID非公開

2020/9/12 0:15

44回答

姜維ですが、北伐を行いましたが、あの時は諸葛亮亡き後の為、蜀の国力は格段と落ちています。なのに、なぜあのように地震に満ち溢れて北伐を行ったのですか?諸葛亮も行いましたが、一か八かの策で、あのように地震

姜維ですが、北伐を行いましたが、あの時は諸葛亮亡き後の為、蜀の国力は格段と落ちています。なのに、なぜあのように地震に満ち溢れて北伐を行ったのですか?諸葛亮も行いましたが、一か八かの策で、あのように地震 はなかったと思います。姜維の地震はどこから湧いてきたのですか?

中国史88閲覧

ベストアンサー

0

局地戦、小競り合いでは有利に戦っていたからでしょうね。でも大局的な戦略眼が無かったから、魏が本腰を入れてくれば国力の差を思い知らされることになったのでしょう。

ID非公開

質問者

2020/9/12 0:36

魏が本腰を入れたら姜維は地震を起こしましたか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

これが一番面白かったです

お礼日時:9/16 7:55

その他の回答(3件)

0

孔明は北伐の途中で死んでしまいました。 姜維は、孔明をとても尊敬していたため、「自分が北伐を成し遂げなければ!」 と言う使命感が強かったのでしょう。 まあ、群臣の反対もあり、そのあと魏に攻められてしまうんですけどね。。

ID非公開

質問者

2020/9/13 0:38

ということは、姜維は特に北伐に地震があったのではなく、孔明の意思を継いで北伐を開始したのですか?

0

諸葛亮亡き後のために国力が落ちたのではありません。 劉禅が親政を開始して黄皓を重用したことによる宮中の腐敗と堕落。 蒋琬と董允、費禕が死んで国政を担える人材が居なくなったことによる人材不足。 姜維が無謀な北伐を繰り返したことによる軍の弱体化。 湧いて出た、というか、姜維は自分にしかできないという自惚れがあったのでは? じゃないとあれだけ失敗して北伐を繰り返すとか異常ですよ。

ID非公開

質問者

2020/9/12 21:59

姜維は自惚れてたから地震に満ち溢れて北伐を行ったのですか?

2

地震は湧いてくるものではなく起こるものです。

2人がナイス!しています