社会(公民)の教員免許か英語の教員免許でしたら、どちらの方が将来役に立つとかありますか?

社会(公民)の教員免許か英語の教員免許でしたら、どちらの方が将来役に立つとかありますか? 教科はまだ決めてなくてメリット、デメリットがあれば教えて欲しいです。 ちなみにどちらも高校の普通一種免許です。

ベストアンサー

0

英語です。採用試験も合格しやすいですし、講師の口ならいくらでもあります。教員じゃなくても予備校や塾の仕事もたくさんありますし本当に使える英語なら時給2000円のアルバイトもあります。地歴公民の免許を生かしている人は10人に1人もいないでしょう。

その他の回答(3件)

0

先生になりたいのであれば、英語の方が採用試験に受かりやすいと思います。 公民は免許を取れる学科が多いこともあり、狭き門です。 先生にならないのであれば、教員免許を取るメリットはあまりないです。 まぁ勉強した事や実習の経験等は役に立つかもしれませんが、免許そのものは役に立ちません。

0

英語の方が多くの人が学ぶだけに求人数は多いでしょう。 これは解答からずれますが、 どちらの教科にせよ、わかりやすく、なおかつ高いレベルの授業を 展開するのは容易なことではありません。 殆どの教員は、自分が一番好きで得意な教科を選んで、 なっているはずですが、 それでも教え方や、内容でいつも頭を悩ませているのが普通です。