ID非公開

2020/9/13 19:39

44回答

僕はトランスジェンダーのFTMです。

僕はトランスジェンダーのFTMです。 学校に行くのが怖いんです。 周りから女の子として見られてると思うと 気持ち悪くて泣きそうになります。 学校ではほとんど男子と女子で分けられる感じで ほんとに苦痛なんです。 胸の膨らみも嫌でほんとに怖くなってきて どうすればいいのか分からなくなって。 そんな生きてる中で全てがうまくいくとは もちろん思ってないんですが みんなは胸の膨らみも気にせず男女で わけられても何とも思わずに楽しく過ごして いることが羨ましくて。 何で自分は違うんだろうと思ってしまって。 すいません長々と。 こういう時どうすればいいか分からなくて 話させてもらいました

学校の悩み66閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

僕もFtMです。 高校1年のときに親にスカートが嫌だから制服を変えたいと勇気を出して言ったんですが、本当に言ってるの?と笑われてしまって以来、質問者さんと同じようにずっと苦しんで生活していました。しかし、やはり辛かったため、高校3年の夏の4者面談で泣きながらお願いしました(本当は泣くつもりがなかったんですが、あまりに辛すぎて)。 そこでようやく母が気づいてくれ、学校側も協力して下さり、病院へ行ったり、制服の変更を2ヶ月で認めてくださったりして随分過ごしやすくなりました。 制服ってすごいです。セーラーから学ランになっただけで、それまで嫌だった学校生活が楽しくなったし、鏡をみても苦痛どころか、嬉しくなったり、下校時に私服に着替えてたのにそのままの格好で遊べたり塾にいけたりするんですよ。本当に最後の半年間は幸せでした。 親に伝えるのがまず先だと思います。こっそり病院へなんて、知らなかった親は辛い思いをしてしまいます。きっとあなたの本音を伝えれば、親はいきなり認めるとまではいかないにしても、少しずつ考えてくれるようになります。普段の生活から何かを察してくれるようになります。 また、学校の面談を使うのもありだと思います。親にも先生にもまとめて言えるので。親が家だと相手にしてくれない人なのであれば、第三者がいる前でカミングアウトする方が責められません。先生は親の前ではあまり強く言えません。面談で意見ってとても怖かったんですが、きっと大丈夫ですよ! 長くて申し訳ないのですが、あともう一つ。胸が膨らんでるのが辛いのなら、ナベシャツというのが通販で売ってます。見た目は普通のタンクトップの下着なのに、中にホックがついているおかげですごく潰れます。体育のときや私服時に辛ければこれをつけるといいですよ! 本当に長くなりました…。もう十分頑張られてるとは思いますが、あと少しだけ頑張ってください。きっとあなたの学校生活は楽しくなるはずです!

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/16 18:42

ナベシャツ買いたいんですけどサイズが合うか心配で…フックのタイプが欲しいんですけど小さくて肩入らないとかなりそうで…いつも買うのに躊躇っちゃいます…

ThanksImg質問者からのお礼コメント

同じ当事者の方からの意見でとても勇気をもらえました!ありがとうございます ♂️無理のないように過ごせるように頑張ります…!

お礼日時:9/20 9:26

その他の回答(3件)

0

まずは下のような機関に相談してみてください。 https://jobrainbow.jp/magazine/lgbt-soudan 地元の心療内科のうち、性同一性障害(GID)に対応してくれる医院を探してみるのも良いです。 親に相談できそうなら、それも良い選択です。 学校に対応してもらうにしても、専門の医療機関で診察してもらうにしても、学生のうちは自由にならないことが多いです。 あなたが高校生以上で、バイトができるなら、親に内緒にしたまま受診することも可能だと思いますが。(受信料が数千円、必要ですからね) 親も人間ですから、すぐに事態を呑み込めないかもしれません。 焦らず、じっくりと話し合って気持ちと状況を伝えてください。

優先順位は、 ①医療機関などに問い合わせる ②バイトして定期的に収入を得らえる上で、受診する(通院が必要です) ③親に相談する です。 一生親に内緒にすることも可能ですし、そうしている人もいます。 親が味方になってくれればいいのですが、そうでないご家庭もあるので、それも併せて医療機関へ相談してみてください。

0

信頼出来る先生がいたら、打ち明けてみるのも手かも知れません。 ものすごく勇気がいることですが、学校によっては着替えを別の場所ですることを許されたりだとか、職員用トイレを使って良くなることがあります。 特にここ数年ではセクシャルマイノリティの児童生徒に対応する研修を学校単位でやることが多いので、検討はしてくれると思います。 気休めになるかはわかりませんが… 同じような理由で修学旅行に行くのを断念した事があります。 その時は、個人風呂が許されず諦めました。 少しずつ教育現場が変わっていくことを願うばかりです。