、 尖閣諸島(せんかくしょとう)ってのは、 じっさいのところ、 日本の領土なんですか? 中国の領土なんですか? 日本の領土なんですか?

、 尖閣諸島(せんかくしょとう)ってのは、 じっさいのところ、 日本の領土なんですか? 中国の領土なんですか? 日本の領土なんですか? 例えば、日本の領土だとしたら、 何故、中国は尖閣諸島を「中国の領土」だと主張するのですか? 教えてください? 、 、

補足

、 因みに、 私は、日本人です。 、

国際情勢 | 世界史116閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

尖閣諸島は、一応日本領です。 尖閣諸島を管理していたアメリカ軍から日本が引き継ぎました。 >中国は尖閣諸島を「中国の領土」だと主張するのですか? 中国だけではなく、台湾も領有権を主張していますよね。 それは、日本による尖閣諸島の併合の欠陥と、下関条約の不備によるものです。 日本と清国による琉球処分時に、無人島であった尖閣諸島は、どちらの領土なのか考慮されず、未確定の領土になっていました。 日本が尖閣諸島を併合したのは、日清戦争の集結直前の事で、その二ヵ月後に下関条約が締結となり、日清戦争が終結します。 下関条約で、台湾が日本に引き渡されますが、その時の日本、清国双方に条約の解釈の齟齬が生じます。 日本側では、「尖閣諸島は、日本が併合した島であるので、下関条約により清国から引き渡された領土ではない」と考えたのに対して、清国側は、「尖閣諸島は、下関条約により日本に引き渡された台湾に付属する島である」と考えたのです。 日本側、清国側、どちらの考え方でも、日本領となるため、両国とも深く注意することが無かったことが、現在の尖閣問題となります。 カイロ会談で、日本が清国から奪った領土が、中国に返還される事となり、サンフランシスコ条約によりそれが確定します。 中国側としては、尖閣諸島も日本が下関条約で奪った寮とであるという認識でいました。 実際は、アメリカの管理下におかれ、1969年に日本に返還される事が決定し、1973年に返還されます。 この時、中国、台湾双方共、カイロ会談に基き、尖閣諸島は中国(台湾)に返還されると思っていましたが、日本に返還されました。 これが、中国と台湾が、尖閣諸島の領有権を主張している根拠となっているのです。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、ご回答有難う御座いました! 

お礼日時:9/20 7:48

その他の回答(10件)

1

日本、支国が領有権を争う係争地です 但し、双方の根拠を比較すると日本の領土なのは明らかである…と言った所ですね >何故、支国は支国領と言うのか? 海底資源の調査で、尖閣周辺には大量の資源が有る事が判明しました 其れ等が欲しいから、突然、領有権を主張し始めました(其れ迄は放置していたのに)

1人がナイス!しています

>降伏で領土に対する支配権を放棄している していませんw 降伏文書の内容は 『未来の約束事』 であって、其の署名時に於いて放棄とはなりま 其の与太話が事実であるとしても、支配権の放棄=全ての主権の放棄を意味するものではなく、支配権以外の主権は日本に残留します(残存主権と言います) 何より、降伏文書で既に放棄しているのですから、SF条約第2条は必要無いんですよ

1

不明。 大日本帝国の領土であった事は世界中が認めている。現在は、 中華人民共和国、台湾政府、日本国が領土主張してる。 日本国領土が決まるのはSF講話条約、3国とも署名と見做される。その中で台湾の島嶼部に含むか否が確定していないから揉める。 竹島は韓国・北朝鮮共にSF講話条約に署名拒否されてるので、法的な根拠がない。北方領土はソ連はSF講話条約に署名せず、日ロ講話条約もまだなので、戦時下占領状態になり、連合国間での密約が有効。更にややこしい。 日本政府もSF講話条約発効で領土が決まリ、日本国が成立・建国された事、言いたくないので、滅茶苦茶ややこしい。

1人がナイス!しています

多くの人が誤解してる。 大日本帝国は1945・9・2の降伏で領土に対する支配権放棄してる。国としては滅亡してる。 領土問題もSF講話条約発効からの問題でそれ以前は関係ない。

1

中国の領有権主張は、 沖縄=琉球の一部であったからです 琉球は日本の薩摩藩と清国の二重朝貢国であった事が 主張の元かと、

1人がナイス!しています

2

じっさいのところ、日本の領土です。中国の領土ではありません。 だけど中国はこの島の海域で資源が豊富に出る事を知ってから自国の領土だと主張し始めました。今話題の南沙諸島も同じような感じで領土を主張し挙句の果ては人工島まで作っちゃってます。 この10年20年くらいでこういう敵を一杯作るような行為をしてきてるのでそろそろしっぺ返しが来るような気がしますね。来年か再来年あたりに今度は中国が他の国に領土を奪われちゃうかもしれませんね。

2人がナイス!しています