ID非公開

2020/9/16 2:03

11回答

大学院受験に関してです。

大学院受験に関してです。 始めに言っておきますが、自分の中の本当の目的は学歴ロンダリングでした。それ以外はありません。 動機付け等は後でやったのですが、思い出すのも恥ずかしいテキトーな態度・動機で外部受験してしまいました。 そして、、、 何故か合格しました。 合格率は例年5、6割くらいのはずです。何故落ちていないのか謎です。一体何を見ているのでしょう? 受験を決めて以降、色々と思い出しながら後悔しておりました。 本当に恥ずかしくて嫌でした。メンタルも強くないので色々と集中も出来なかったです。 現在先方の教授と連絡を取ったりしております。 本当に今更ながら自分が如何にテキトーだったのか痛感しています。 大学院などは学歴はそこまで大事じゃないというのも今更ながら知る始末です。 かと言って今の研究室も正直かなりテキトーに選びました。しかも思った以上につまらなかったです。このまま進む動機は特にありません。 お恥ずかしい限りです。 受かったのは嬉しいですが、こんなんで進んでいいのかどうか。。。。 外部でも内部でもどちらでも行けばやるつもりですが、もうテキトー過ぎて全て嫌になります。どちらを選んでも恥ずかしいです。 今の研究は好きでは無いですし、学歴も一応は上がる外部の方がまだいいのかな、と考えていますがこんなんで進むような奴いますか? 向こうの教授も学歴ロンダリング目的の奴だというのはわかっていると思います。 もう、、、、考えたく無い。。。 大学院に進んだ方々、他はどんな感じなんですかね? 教えて下さい。

ベストアンサー

0

毎年10名くらいの他大学生・高専専攻科学生が修士を 受験し,数名は合格します。内部進学希望者が数名は 毎年不合格になるくらいの入試です。 これまでの30年間で,外部からの学生のパフォーマンス が悪かったことが一人もいません。むしろ,内部学生 よりもモチベーションも高く,修論の内容も高度です。 当然ですが,入試成績が内部生のほとんどを抜いて トップクラスの受験者もいました。ですから,僕は 「ロンダリング」という下品な言葉は,退職するまで 知りませんでしたが,そういう学生がいなかったと いう印象です。当然合格すべき学生が合格した。そし て就職先も立派なところでいい仕事を今もしています。 そういう意味では,ご質問者にはご同情もうしあげます。 しっかり勉強して立派な修論を書く以外に手は無いの ではないですか。合格したんだから,内部学生のレベルが もしかしたら低いんですよ。彼らよりもいい成績で 修士号をもらえばいいだけの話です。それはロンダリング とは呼びません。学力が向上しただけ。