約3000年前に『宇宙は神が創造した』 と唱えられましたが、これを一つの仮説として見なした場合、

約3000年前に『宇宙は神が創造した』 と唱えられましたが、これを一つの仮説として見なした場合、 3000年経ってこの仮説を超える科学的な説が出たのでしょうか。 どのようにして誕生したかのプロセスではなく、 どうして(なぜ)できたか? の仮説の事です。 詳しいかたよろしくお願いいたします。

天文、宇宙 | 宗教118閲覧

ベストアンサー

1

出ていません。 科学が取り扱うのは、「世界にはどういう法則があるのか」であって、「なぜその法則が成り立つのか」に答えを与えることはありません。 今日までに正しいと信じられている物理法則の根拠となっているのは「それに矛盾するような出来事がないから」でしかなくて、なにかそれ以外に理屈があるわけではありません。 科学が宇宙誕生の謎を解き明かしたとしても、「特定の規則に則って起こるべくして宇宙が生まれた」というプロセスがわかるだけで、「なぜその規則が成り立つのか、どういう理由でそういう始まり方になったのか」という説明はされません。 だから、宇宙ができた根拠というのは科学的には仮説ができません。

1人がナイス!しています

私の拙い質問の意図を汲んでいただき、ありがとうございます。 「なぜその規則が成り立つのか、どういう理由でそういう始まり方になったのか」 ですね。 やはり現在の科学では、説明されていないのですね。 ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

素晴らしいご回答を頂き、ありがとうございました。 よくわかりました。 他の方もありがとうございました。

お礼日時:9/18 21:32

その他の回答(12件)

0

超えるという点では「世界は実は5分前に始まったのかもしれない」という世界5分前仮説が頭抜けてます。量子論でも「シュレディンガーの猫」で蓋を開けるまでネコの生死は重なり合ってるが蓋を開けてしまえばネコが何時死んだのか確定するという遅延選択(時間を遡って世界が選択される)がありますから5分前仮説はそれほど非科学的ではありませんね。 それと天地創造の神は何もないところに宇宙を創造したかのように言われますがモーゼの問いかけに「我は有りて在る者なり」と答えてますし宇宙に「遍在(全ての場所に在る)」するともいい「全知全能」は周知のことです。 これらのことから宇宙は神の内なる存在であると推定されます。宇宙の全てが御身の中に在るなら全知全能は当然となって神と全宇宙は=で結ばれます。

0

仮説と言うのは、一定の科学的根拠を前提にします。 創造説は、仮説ではなく信仰にすぎません。 現在のビッグバンも仮説ですが、創造説に比較したら、はるかにましです。

0

3000年前に宇宙が創造されたという説はない。 メソポタミア文明なんか6000年前以上にさかのぼるわけだし。 キリスト教の天地創造=科学的にはすべての知見から、間違っていることがわかる古代人の神話であり、そもそもが科学の説ではない。もちろん信者以外に事実だと思っている人もいない。全世界の人間が全員信じていたわけでもなく、キリスト教圏の人だけが宗教心と抱き合わせで思い描いていた世界観でしかない。 宗教脳による宗教世界観では、 「この世界の事象は、大いなる意志(人格的意志)による理由がある」 という前提で考えているのだと思う。それゆえに「なぜ発生したのか」 という疑問があるのだろうけれど、 科学の世界は、自然界の事象に神様だの意志だの誰かの仕業だのといった設定そのものがない。 そういう設定がないのだから、「誰かが何かの理由でやった」とは考えず、 「なぜやった」の疑問も生じない。 火山が爆発することに、雷が鳴ったり、大地震が起こることや、 大きなところでは惑星の爆発や、ブラックホールに、化学的、物理的な因果関係としての理由は想定しても、「人格的意志がこれをした目的は何か」という理由は存在しない。宇宙のはじまりも同様。

0

3000年前に モーゼはシナイ山より 雨の浮舟に乗り日本 富山 宝達山にあった皇祖皇大神宮で時のスメラミコトにて修行 終わりし時 3種の神器 (アローンの杖 マナのつぼ 十戒の石板)を貰い シナイ山に帰国