ID非公開

2020/9/18 1:30

66回答

現在41歳、妊娠17週の妊婦です。 初めての妊娠です。 妊娠する前は、もしできたら高齢だし出産前診断をしようと考えていました。

妊娠、出産571閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/9/18 1:41

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様本当にありがとうございました。 二人で話し合っていて主人も私とまったく同じ考えだったようで、出来る前後では考えが変わったと言っていました。 受けて安心はしたいけれど、もし障害が分かった時私たちに命を絶たせてしまう選択はできないと答えを出してはいたのです。 だけど私一人ジタバタもがいていました。 皆様の考えを聞き、もっとしっかりせねばと思いました。 最初の回答者様をBAとさせていただきます。

お礼日時:2020/9/19 20:17

その他の回答(5件)

0

私は旦那が1人目の時から単身赴任で、どこも頼れる所がなく。 産むか産まないかはどうしても考えられなくて、でもどちらにせよ先に知っておく事で準備出来ることもあると思い羊水検査をしました。 1人目34歳、最初に胎児スクリーニングで確率が高かったので羊水検査、結果問題なし。 今2人目妊娠中、産む時は40歳。 今回も迷いましたが1人で2人を育てていくのでやはり知っておく必要があると思い検査予定です。 羊水検査ではなくNIPT検査です。 分かる事は少ないし、羊水検査でもいいかなとまだ迷ってはいますが。 ただでもリスク高いのに、低い確率といえどさらに羊水検査でリスクを背負うよりは血液検査の方がいいかなという気持ちで。 無認可の病院なら血液検査で全ての染色体異常がわかるそうですが、全部教えられてもし何かあったらずっと不安で悩みそうだから最低限の染色体異常だけでいいかなと思ってます。 2人目は来週なのでまだ分からないですが、1人目はやって良かったと思ってます。 不安ななか、妊娠中を過ごすより安心して過ごせたから。 羊水検査で分からない障害もあるし、産まれる時のトラブルでも障害を負う場合もある。 それでも、先に分かっていて覚悟が出来るならその方がいいと思いました。 あと、ノンストレスで過ごしたかったから白黒ハッキリさせたかったんですよね。

0

20代、30代前半でNIPT受けてます。 年齢が若いので、許可外施設で検査しました。 10週になったら迷わずすぐ検査してます。中絶になったとき、週数が大きいほど体も心も負担になるからです。 検査で異常がないと確認できるまでは妊娠も喜べなかったし、誰にも話せず、結果が出てようやく親に報告をしました。 でも染色体異常以外の障害はもう諦めて育てようと思ってましたよ。絶対はないけれど確実に防げるものは防ぎたいって感じですかね。そしたら、障害があって生まれても、後悔はしないと思うので まぁこの件は夫婦しか知りませんので、こういうところでしか言えませんね。いう必要もないけどね。

0

35で1人目を、38で昨日2人目を出産したばかりのものです。 どちらも受けませんでした。 命の選択をする気がなかったからです。 どんな子だろうと生んで愛して育てようと確固した気持ちに夫婦共通していたので、何も受けませんでした。 それは流産を2度経験していたから、生まれてくること自体凄い事だと思った経験からもあるし、経済的面もクリアでき最悪共働き辞めて片方が専念しても生活出来るし、何より諦めたくないのが根底にありました。 色々な考えで受けること、諦めること、安心したくて受けること、また覚悟を決めるために先に知りたく受けること、様々な思いで受けてるので、否定しません。 ただ検査によって受けられる週数、調べるリスク、カウンセリングなどのケアの有無が違うので、よく考えて夫婦で話し合うのが大事だと思います。 幸いにしてトラブルなく2人とも生まれました。 大半が無事に出産していても、出生してから問題が見つかる場合もあります。 発達障害など外見的に分からなくても成長の過程でトラブルがあったり、五体満足で生まれても怪我や病気で四肢や身体に不調があるかもしれないと思うと、キリがないし、何処がボーダーラインなのか、私には決められません。 出生前で線引きしたって、産まれたあとに見つかれば、もはやそこで手を離すわけにはいきませんし。 難しい課題だと思います。 私は私の意思でこうしたので、悔いない結論が見つかるといいなと祈ってます。

0

不妊治療で授かった長女8歳、自然妊娠の次女5歳、不妊治療で三女を妊娠中の41歳です。 もう妊娠後期28週に入りました。 どの妊娠においても出生前診断をするつもりは一切なかったですね。 しかしながら障害がある可能性は誰にでもあることは常に心の片隅にありましたよ。 誰だって健康な子どもを望むのは当たり前のことです。でも生物学的に一定の割合で障害が発生してしまうのも自然の摂理です。 そういうことを前もって考えておくだけでも備えとしては十分だと思います。 せっかくの初めての妊娠、不安ばかりではもったいないです。前向きで楽しいマタニティ生活、赤ちゃんを迎える喜びを感じて欲しいと思います。 こちらは今のところ検診でも問題なく、エコーもささっと見て終わりな感じです。 毎日胎動が激しくて中から攻撃されているようです… お互い元気な赤ちゃんを迎えましょうね。

0

なぜご主人と話し合わないのですか? 私も妊娠前は検査した方が良いかなと思っていましたが、あなたと同じように、赤ちゃんを目の当たりにしたらできませんでした。 もし障害があったところで、諦める覚悟がなかったからです。 主人にもそれを伝えました。 不妊治療して授かった子なのでなおさら、万が一のことがあったとしても諦めるよりも向き合うことを考えていました。 結果、元気に生まれてくれてましたが、それでも育児は大変で、“障害と向き合うこと”も簡単に考えすぎていたかもしれないと思います。 産まれる前に覚悟が出来ているのとそうでないのとでは違いますし、 金銭的なこと、体力的なこと、総合的に考えて育てられるなら検査しないという選択もありますが、初産で高齢出産はリスクも大きいです。 産むにしても産まないにしても、受けるだけ受けておいた方が安心ではないでしょうか。