株のテクニカルで、ダイバージェンスとリバーサルの違いがどうしても分かりません。

株のテクニカルで、ダイバージェンスとリバーサルの違いがどうしても分かりません。 過去の質問を2つほど見つけたのですが、そのベストアンサーでも私には分かりませんでした。他のサイトも検索したのですが、底値圏で現れるのがダイバージェンスで、中間で現れるのが、リバーサル、それしか違いが無いように思えたのですが、他にはっきりと両者に違いがあるのでしょうか? ダイバージェンスとリバーサルで全く逆の結論になるので、宜しくお願いします。

補足

リバーサルと書いてあるいは、ヒドゥン・ダイバージェンスの事です。

ベストアンサー

0

>底値圏で現れるのがダイバージェンスで、中間で現れるのが、リバーサル、 >それしか違いが無いように思えたのですが、他にはっきりと両者に違いがあるのでしょうか? 解釈が少し異なるように思えます。 ダイバージェンスとリバーサルは別個の考えで、 同列や、対比して考えるものではないと思います。 【ダイバージェンス】 価格のトレンドと指標の逆行現象です。 ・価格が上昇しているのに、指標値が低下している...売り ・価格が下落しているのに、指標値が上昇している...買い 【リバーサル(リターン・リバーサル)】 逆張りの投資手法を言います ・価格が下がれば買い ・価格が上がれば売り ※リバーサルは反転。逆転の意味で、逆張り以外にも色々と使うようです 異なる意味で使われているなら、一報ください 参考チャートは代表的なダイバージェンスです。 価格が上昇しているにもかかわらず、RSI値が下落しています。 その後、大幅な下落です。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お時間をさいて回答していただき、ありがとうございます。おかげで謎が解けました。

お礼日時:9/18 17:35