ID非公開

2020/9/18 10:28

66回答

夫は会社を経営しておりましたが、その株を売却し引退いたしました。 株を売って税金を差し引いても、ご相談したいのは夫の兄のことです。

夫は会社を経営しておりましたが、その株を売却し引退いたしました。 株を売って税金を差し引いても、ご相談したいのは夫の兄のことです。 私達には4人の子供がおり孫もいます。義兄は私と夫よりも10歳上なので順番から行けば義兄の方があの世には先に行く予定ですがあのずる賢い男が死ぬとは思えません。 もし私と夫があの男よりも先に他界した場合に私たちが残した遺産をあの男が、狙ってくるのではないかと心配しております。私たちの資産は全て顧問弁護士と税理士の人たちが管理しており毎月決まった生活費が振り込まれます、また大きな出費があるたびに口座に振り込まれる仕組みになっております。子供たちには、なんども「おじさんには気をつけろ」とは言っておりますし、もし金銭のことで何か言ってきたり集ってきたりしたらすぐに弁護士さんと税理士さんに連絡しろとは言ってるのですが、法律的にこの義兄が私たちの遺産のことに関わりあう権利があるのでしょうか? 子供がいる場合はどうなるのでしょうか?よろしくお願いいたします。長々と申し訳ありません。

ベストアンサー

0

将来あなた方に万一のことがあった場合、遺産を相続するのは4人の実子さんのみです。 もし実子さんの誰かが受け取ることができない場合は、その実子さんのお子さん(孫)が相続することになります。 実子さんとお孫さんがいらっしゃる限り、義兄さんには遺産に関する権利は全くありません。

ID非公開

質問者

2020/9/18 11:05

あ〜、良かったです。安心しました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/24 22:06

その他の回答(5件)

0

相続するときに、子供の中に未成年の子がいたら、その子の分については特別代理人を建てる必要がありますね。 特別代理人の選任は裁判所に申し立てますが、利害関係者(相続の場合については他の法定相続人、ということになります)は特別代理人にはなれません。 特に選任する人の候補がない場合は、裁判所としては、相続に係わっていない親族を選んで言ってくる可能性は極めて高く、単なる契約行為の代理ではあるものの、叔父のほうが特別代理人になって係わってくるという、貴方の心配が現実になるかもしれません。 子供がみんな成人していれば良いですが、未成年であるうちは、弁護士さんに特別代理人のお願いなどもしておいたほうが良いと思います

ID非公開

質問者

2020/9/18 11:37

幸いなことに皆成人しております。ありがとうございました。

0

義兄の完全に相続権利はありません、しかしこれはあり得るので頭に入れておいてください、ご主人が亡くなりそのその相続の際に無いと思いますが負債があってそれを避けるために子供が貴方に全て相続をさせ残りを放棄しますなどしたら貴方が亡くなった時は義兄に権利が生まれます。 普通に相続すれば一切権利は無いのでご安心を。

ID非公開

質問者

2020/9/18 12:48

安心しました。ありがとうございました。

0

たぶん、全てお子様達に権利が行くので、義兄さんは 絡んできようがないのではないかな?と思います。 そういうのを気にするなら義兄さんの(連帯)保証人なんかになるなよ! と、私なら、伝えます!

ID非公開

質問者

2020/9/18 11:05

保証人のことは思いつきませんでした。子供達にびっしりと言い聞かせます。

0

あなた方にお子さんがいらっしゃるのであれば、お子さんたちがすべてを相続するので、法的には何の権利もありません。

ID非公開

質問者

2020/9/18 10:35

安心しました。ありがとうございます。

0

ないのです。

ID非公開

質問者

2020/9/18 10:33

義兄には全く関与できる権利はないのですか?