臨床心理士と公認心理師の資格を取得する際の疑問(?)点があり、質問させて頂きました。

臨床心理士と公認心理師の資格を取得する際の疑問(?)点があり、質問させて頂きました。 専門職大学院を卒業したら、臨床心理士試験の一次試験免除だと聞きましたが、二次試験の面接で落とされてしまった場合、次からは一次試験からの受験になるのでしょうか? 公認心理師の受験資格で、大学で規定の科目を履修していなければいけないと思うのですが、以降措置学生の場合、期限などありますか? (例えば、2020年卒業した人は何年までに公認心理師の試験資格がある…みたいな感じです…) 当方、科目は取っているのですが、一浪して大学院に入るため、お聞きしたいと思いました。

補足

誤字がございました。 以降措置→移行措置

資格 | 大学院104閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

ID非公開

2020/9/18 14:20

まず臨床心理士試験の方から。 専門職大学院修了の場合、免除になるのは、一次試験(多肢選択方式試験+論述)のうちの論述試験のみです。多肢選択方式試験(マークシート)は、受けなくてはなりません。従って、合格審査は次のようになります。 1種・2種大学院:マークシートで合格点→論述+二次試験で合格点→合格 専門職大学院: マークシートで合格点→二次試験で合格点→合格 「マークシートで合格点」で一次試験合格となります。マークシートで不合格だと二次試験(口述面接)に進めません。翌年は一次試験から受け直しです。 次に公認心理師試験。 大学で必修科目を履修して卒業しているのなら(Eルート・Fルート)、受験にGルートのような、2017年9月から5年間という期限はありません。必修科目を履修して大学院を修了すれば、あるいは、実務経験プログラム提供施設で規定のプログラムを終えれば、試験は合格するまで何回でも受けられます。 https://www.mhlw.go.jp/content/000306882.pdf

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても参考になりました!

お礼日時:9/18 14:49