経済学的にいうと、菅さんの携帯料金下げは正しくないんじゃないですか?

経済学的にいうと、菅さんの携帯料金下げは正しくないんじゃないですか?

政治、社会問題 | 経済、景気43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

正しくないですね、本来であれば市場への政府介入は極力やめるべきです ただですね、携帯料金値下げは菅さん肝いりでやってきた政策ですしもう少しと言うところですからやりたいんでしょうね 本来ならば昨年の楽天参入によって価格が下がると見込んでいたものが、楽天の参入が遅れ 基地局整備も進まず 思うような価格競争が起きなかった。 ここに来てやっと楽天の基地局整備も前倒しで進んでおり、楽天の通話と通信の無制限が競争力を持ってきました。 各社も楽天参入に合わせて値下げプランを用意してきましたから、菅総理に関係なく値下げプランを出す予定だったのですよ →確定してるから自身を持って菅総理は言ってるんですよ

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:9/24 20:59

その他の回答(2件)

0

ミクロ経済学の入門書レベルの知識では携帯料金下げはどう考えても正しい。 最先端のミクロ経済学の知識でも、携帯料金下げは正しい。 そもそも現状が独禁法案件なので公取委がしょっぴけば済む話ですが、超巨大企業を相手に刑事事件化すれば向こうも超一流弁護士を揃えて裁判が長期化して通信産業というインフラに予期せぬ悪影響が及ぶ恐れもありますし、特に孫正義は通信以外の事業にも手を出しておて財界における権力が甚大であるため公取委も迂闊に手を出せない、というのが現状でしょう。 政治家(行政府・内閣府)という別の権力が「刑事事件化する前に適正価格に下げろよ」とやんわり命令するのは無難以外の何ものでもありません。 むしろ一体何が「正しくない」と思うのでしょうかね。

0

すっかり遅れてしまった、日本の通信技術を改変するためにはそれ相当の費用が必要だわな。