ID非公開

2020/9/18 18:36

11回答

死んだ後の自分の貯金についてですが、夫にいってしまうのでしょうか?もしそうだとしたらそうならないようにしたいのですが、自分で書いた遺言状で効力はありますか?遺言状といっても書き方の形式もなにも知らない

死んだ後の自分の貯金についてですが、夫にいってしまうのでしょうか?もしそうだとしたらそうならないようにしたいのですが、自分で書いた遺言状で効力はありますか?遺言状といっても書き方の形式もなにも知らない ので、書き置きみたいなものですが、それでも良いのでしょうか? 夫と私には子供はいません。おそらく離婚になると思いますが離婚する前に私の身に何かあった事を考えてお金が夫にいかないようにしたいです。私は夫に散々な目にあわされました。そんな夫に私が一生懸命貯めたお金を渡したくありません。 回答お願いします。

ベストアンサー

1

離婚するのが1番です。 夫である限りは、遺言でも完全に相続から除くことは難しい。 遺言は自筆でいいのですが、全部自身の文字で書き、日付を明確にして、署名押印しないといけません。 お子さんがいらっしゃらないということですが、そうだとすると、夫とあなたの親又は兄弟姉妹がいらっしゃれば、その方々が共同で相続します。いらっしゃらなければ、夫が1人で全部相続します。遺言で夫に相続させないと書いても、夫には遺留分というものがあり、夫が主張すれば、法定の半分を相続できます。 離婚すれば、相続権はなくなりますが、離婚時には財産分与を求められるかもしれません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/19 13:19

丁寧な回答をありがとうございます。 遺言書は直筆、日付を明確にすること、署名、印鑑、で大丈夫なんですね。ただ、その遺言書を見つけてくれるかが問題ですよね。夫は外国人で日本語はダメで、面倒な事は避ける人で、お金に対して執着はないので自分から財産分与の主張してくることは心配してないのです。 しかし、「分与をしたくない」と遺言書に書いていても法律で自動的に夫に分与されるのかな?と不安なんですよね。