ID非公開

2020/9/19 13:12

66回答

「今月末で退職してください」と言われた場合、これは解雇になるのでしょうか? 退職勧奨と扱われることはありますか?

「今月末で退職してください」と言われた場合、これは解雇になるのでしょうか? 退職勧奨と扱われることはありますか? 解雇予告手当は受け取れるのでしょうか?

ベストアンサー

0

Q:「今月末で退職してください」と言われた場合、これは解雇になるのでしょうか? A:「ハイ。わかりました。」と言わなければ、解雇になると考えます。 Q:退職勧奨と扱われることはありますか? A:退職勧奨です。 退職勧奨を受け入れれば退職です。 退職勧奨が執拗であれば、受け入れても解雇と判断される場合があります。 受け入れないのに退職させられれば解雇です。 Q:解雇予告手当は受け取れるのでしょうか? A:解雇であれば、受け取れます。会社が払わない場合には、労基署に言えば、払うように指導するか、社長を逮捕する場合もあります。 ***************** 解雇予告手当条文(労働基準法第20条) 使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰すべき事由に基いて解雇する場合においては、この限りでない。 従わない場合は、6か月以下の懲役、又は30万円以下の罰金刑です。 ***************** ご質問の趣旨を理解出来ず、回答が遅れました。

その他の回答(5件)

0

退職してください 席についてください 電車に乗ってください これらは依頼であって、依頼に対して、望まなければ拒否できます。ですので、冒頭の発言は解雇ではありません。解雇とは、雇い主の一方的意思を通告することをいいます。あなたに伝われば成立し、あなたのいやだといった拒否は解雇に対してなんの効果もありません。 冒頭の発言は、退職勧奨のたぐいです。勧奨を受け入れれば、あなたの退職がきまる、それだけのことです。解雇でありませんので、予告手当の発生もありません。 ただその勧奨を断れば、その次の段階として、解雇通告があるかもしれません。解雇は解雇であって、勧奨とは別物です。

0

それが拒否できないものの場合(拒否したが蹴られた等)、解雇扱いとなります。退職勧奨でも有りますね。 解雇予告手当は勿論受け取れます。「今月末」って言われたんですよね? 解雇は30日前に言う必要があるので、月末まで例えば10日しかなかった場合、はみ出した20日間について貰えます。勿論、10日は実働でもらえますしね。 解雇ですので勿論、自己都合時のような失業保険の待期期間(3ヶ月)はないし、国保に加入するなら100分の30の減免措置を受けることも出来ますよ。

1

解雇でしょう 拒否または整理解雇なら受けるなど落としどころを決めます。整理解雇なら取り敢えず即日〜失業保険もらえるので

1人がナイス!しています

0

ID非公開

2020/9/19 13:17

どちらとも取れますので、きちんと確認しましょう!