The youth subculture is one of the largest subculture in the US today, and while it is a recognizable subculture,

The youth subculture is one of the largest subculture in the US today, and while it is a recognizable subculture, it also represents many different influences. Within it we find distinct groups that are sometimes referred to as tribes. Sociologists suggest that teenagers have always been attracted to. tribes as a way of expressing identity. What is interesting about the current youth subculture and it’s tribes is that it is the first generation of youth to belong to global tribes; that is the common features between members of these tribes have crossed national boundaries and have become world wide. A report based on interview with 10000 teenagers around the world found that teenagers from countries as different as Chine India Canada and CostaRica share common subculture based on globally broadcast television shows movies international pop music stars, video games and international sporting heroes. This generation of youth is the first to really experience the global village.They are growing up with technology that keeps them in touch with global influences, in terms of clothing music attitudes, and activities. Example of global youth subculture include those based on African American or Hispanic American street culture, those related to sports such as surfing or skateboarding, some attached to particular athletes of music ,and others linked to a passion for computers. This latter group are sometimes call nerds or net heads because they spend all their time on the internet. Each tribes has evolved its own styles of talk, dress and music ,style which keep changing so that they remain recognizable different from the mainstream. 訳してもらえるでしょうか。 よろしくお願いします。

英語8閲覧

ベストアンサー

0

若者のサブカルチャー(若者文化)は、今日の米国で最大のサブカルチャーの1つであり、それは認識できるサブカルチャーですが、さまざまな影響も代表しています。その中には部族と呼ばれることもある示差的グループもあります。社会学者は、ティーンエイジャーはアイデンティティを表現する方法としての部族に常に惹かれていると示唆しています。現在の若者のサブカルチャーとその部族で興味深いのは、それが世界の部族に属する最初の世代の若者であることです。それは、これらの部族のメンバー間の共通の特徴であり、国境を越えて世界中に広がっています。世界中の10000人以上の若者へのインタビューに基づくレポートでは、中国、インド、カナダ、コスタリカなど異なる国の10代の若者が、世界的なテレビ番組、国際的なポップミュージックスター、ビデオゲーム、国際的なスポーツヒーローに基づく共通のサブカルチャーを共有していることがわかりました。この世代の若者は、グローバルヴィレッジを実際に体験した最初の人です。彼らは、衣服や音楽への態度や活動の面で、グローバルな影響に触れ続けるためのテクノロジーで成長しています。グローバルな若者のサブカルチャーの例としては、アフリカ系アメリカ人またはヒスパニック系アメリカ人のストリートカルチャーに基づくもの、サーフィンやスケートボードなどのスポーツに関連するもの、音楽の特定のアスリートに関連するもの、コンピューターへの情熱に関連するものなどがあります。 この最後のグループは、インターネットにすべての時間を費やすため、オタクやネットヘッドと呼ばれることがあります。 それぞれの部族は、トーク、ドレス、音楽などの独自のスタイルを進化させてきました。これらのスタイルは変化し続け、主流とは異なるものとして認識され続けます。 →ざっと訳してみました。 「トライブ」というのは、日本で言えばヒップホップのような、ファッションと音楽の(どこか部族的)スタイルの流行のことを指すのでしょう。90年代の山姥ギャルは、土人そのものでしたが、あの頃、日本でもトライブという言葉が使われました。ラップ、ブレイクダンス、グラフィティのヒップホップカルチャーも90年代。商店街や高架下に落書きが溢れました。ヒップホップはグローバルな若者カルチャーで、世界同時的に流行ったのです。 ガッキーも演じた ガングロ山姥ギャル https://lineblog.me/dessart/archives/13157615.html

ThanksImg質問者からのお礼コメント

読みやすい訳でした。ありがとうございました。

お礼日時:9/20 9:30

その他の回答(1件)

0

若者のサブカルチャーは、今日の米国最大のサブカルチャーの一つであり、それは認識可能なサブカルチャーですが、 また、多くの異なる影響を表します。その中には、部族と呼ばれることもある明確なグループがあります。社会学者は、ティーンエイジャーが常に惹かれていることを示唆しています。アイデンティティを表現する方法として部族。現在の若者のサブカルチャーと部族について興味深いのは、それが世界の部族に属する若者の第一世代であるということです。これらの部族のメンバー間の共通の特徴は、国境を越えて、世界的になってきた。世界中の10000人のティーンエイジャーへのインタビューに基づくレポートによると、チネ・インディア・カナダとコスタリカと同じくらい異なる国のティーンエイジャーは、世界的に放送されたテレビ番組に基づいて共通のサブカルチャーを共有しています 国際的なポップスター、ビデオゲーム、国際的なスポーツヒーロー。この世代の若者は、本当にグローバルな村を体験する最初の世代です。彼らは、衣料品の音楽の態度や活動の面で、世界的な影響に触れ続ける技術で育っています。世界的な若者のサブカルチャーの例には、アフリカ系アメリカ人やヒスパニック系アメリカ人のストリートカルチャーに基づくもの、サーフィンやスケートボードなどのスポーツに関連するもの、音楽の特定のアスリートに取り付けられたもの、コンピュータへの情熱に関連するものなどがあります。この後者のグループは、彼らがインターネット上のすべての時間を過ごすので、時にはオタクやネットヘッドを呼び出されます。各部族は、彼らが主流とは異なる認識を維持するように変化し続けるトーク、ドレス、音楽、スタイルの独自のスタイルを進化させてきた。