一軒家が欲しいと思い3社ほどに同じ間取りで

一軒家が欲しいと思い3社ほどに同じ間取りで ほぼ同じオプションくらいに合わせて 見積もりを依頼している段階です。 あまり知識がないので教えて頂きたいです。 1ハウスメーカーにて見積もりを貰い契約→仮審査→細かい内装など打ち合せ→最終見積もり→着工の順番で合っていますか? 2最終的に値引きをお願いしようと思っていますが、あれもこれもって下げる言い方はあまり好きじゃないのでここから◯◯円下げてください!と言うように一発勝負するつもりなんですが、それは最終見積もりでするつもりでした。 だけど上記の順番だと先に契約してしまっているので後で値下げはできませんって言われてしまわないか心配になりました。 値引きはいつのタイミングで話するのが普通なんでしょうか? 3オプションで設備などをグレードアップした時の金額がぼったくられると言うのはありますか? 例えば大体普段20万くらいのものを、この人は色んなオプションつけたりグレード上げてるからわからないだろうと30万にしてたりとかってありますか?それとも会社でこのオプションはこの金額と決まっているんですか? その場合は他のハウスメーカーでは似たようなオプションで見積もりしていますが、ハウスメーカーによって扱っているものが違ってくるので判断の基準がわからないです。 皆さんはどうしていますか? よろしくお願いします。 見積もり3社はローコストメーカー2社と中堅くらいのメーカー1社でしています。

ベストアンサー

0

*⒈仮審査に工事契約は必要無いと思います、契約書必要なのは、ローン本契約時です。面積分かる平面図、建築費用が分かれば後は、職歴、所得など個人情報提出に依仮審査受けれます。 仮審査通れば、本契約と進み、詳細部打ち合わせ(変更追加工事内容、最終工事内容、工事金額決定)ー建築確認許可申請ー建築確認許可済証ー着工の順です。 *⒉値引き交渉は本契約時です。詳細打ち合わせ行うには設計実費必要で、設計予算付けるのは契約後と成ります。詳細部まで全て決め、契約するには、設計契約を先に結ぶ事に成ります。 ⒊悪徳業者でない限り、ぼったくる事は有りません。信用出来ない業者とは契約しない事です。複数回折衝すれば相手業者の素行、企業資質は判ると思います。

1 ハウスメーカーには契約してから仮審査になります。と説明うけました。 2 間取りやオプションなどは見積もりに入れてもらいましたが内装のクロスなど細かい点は契約後にお願いします。と言われたのですが、それくらいが一般的なんですか? こちらとしてはほぼ全て決めてからの見積もりをもらって後で金額の変動が無いようにして契約をかわしたいのですが...。

その他の回答(4件)

0

施主の要望事項をキチンと伝えた上での提案依頼です。 各社の提案説明を受け、間取り変更や設備追加等を終えた最終プランで価格提示を受けて選定します。 契約後の変更や追加は高額になるので注意して下さい。 某ハウスメーカーHPに記載された内容ですが、これが基本的な進め方です。 「お客様のご要望や現地調査の結果に基づき、CADによる外観や間取りイメージ、概算見積りなどをご提示。納得いただけるまで、最終プランをつくり上げます。最終的なプランと見積りが確定した段階でご契約となります。」

我が家は最終的に5社競合させたが、日程調整して午前午後などと短期間で提案説明を受けました。 大切なのは単なる価格競争ではなく、施主にとって快適で住みやすい家かどうかの側面での判断です。 競合させずに1社の業者を指名して家づくりをすすめる施主を「指名客」と呼びます。 普通に考えると指名してくれたので大事にしてくれると思うかもしれませんが、実際はメーカー側から考えると安全な客なのです。 『早期に指名くださったので100万円値引きさせて頂きます』などと言っても、実は競合客よりは高く売るのです。 指名客だから大丈夫と、プランニングも雑になり適当なプランで契約し、後は施主の要望に基づき変更や追加はオプション価格で高額になります。 また、「今なら安くなります」等のキャンペーンも、少しでも早く契約を取ろうとするもので、競合して他社と比較検討されるのを嫌うからです。

0

ローコストの場合は、値引きは出来ないこともおおいいです。。 それでも契約金額を決める時に値引きの要求はしてみる事をお勧めします。 プランや、仕様を決めていない段階では、工事金額が変動を繰り返します。 値引き以前に工事価格がアップダウンをしますので、値引きしてくださいと言っても金額は定まりません。 そこで契約の日時を決める時に、契約金額を決めます。 その際に、予算に合わせるための値引き要求は有効だとおもいます。

0

1 そのやり方もあります。 間取と金額が確定してから契約ケースもありますが、この場合に最終合意に至らない時は、実費経費負担が発生します。よく言う設計料がそれです。 2 予算の上限を決めてしまえば値引き要請は不要です。値引きを目的にしても意味がありません。見積もりが5000万、値引き20%で4000万になっても予算が3000万ならどうにもならないでしょ? なので最初から予算内に収まるような提案をしてもらうべきです。 3 オプションの価格は確定しています。得にローコストメーカーは労力を省くために徹底しています。仕様を指定し、専売品にとして割安に用意しています。 用意しているオプションから更に別なものにしようとすると、大量仕入れのメリットがなくなるのでメーカーも割高で仕入れる事になります。ちょっとの違いでも仕入ルートにより倍近い価格差が出たりします。 それをぼったくられたと勘違いする方がいるのも事実です。実際は標準品やオプション設定品が激安なんですけどね。 服に例えるなら、工務店は糸から選ぶフルオーダー、ハウスメーカーは生地と規格を用意したイージーオーダー、ローコストメーカーは既製服の裾あげです。 ローコストメーカーに要求を多く出すのは無意味です。既製服を大改造するならオーダーした方が安くなります。 今後煮詰まったら、全部ブッ飛ばして下さい。1からやり直した方がゴールに近いかもしれません。