ID非公開

2020/9/20 19:13

11回答

ヘリックスにピアスを開けようと思います。

ヘリックスにピアスを開けようと思います。 ・ニードルと、ピアッサーどっちの方がいいですか?またみなさんはどっちで開けましたか? ピアッサーだと骨が軽く砕けると聞いたのですが…。 ・泣くほど痛いですか? ・軟骨を開ける時と開けた後の注意事項を教えてください。 ・耳が厚い方に聞きます。軟骨に開けたことありますか?耳の厚さによって痛さか違うというのを聞いたので、ぜひ良かったら教えてください。

ピアス18閲覧

ベストアンサー

0

痛みに関しては個人差がかなりあります。 泣くほど痛いかどうかはその人次第です。 単純にホールのことを考えると本来ピアッサーは軟骨に適していません。 おっしゃる通り、ピアッシング時に負担が大きく、場合によっては砕けるようなことになるからです。 開ける時の痛みは少なく、技術などなくても手軽に開けられるのがピアッサーのメリットではありますが、 反面、その特性上、負担が大きく、開けた後の腫れや炎症が強く出ることがあります。 押し潰すように開けているので安定も遅れます。 ニードルは開ける時、一瞬では無いので痛みを強く感じる傾向があります。 自分の力で貫通させなければならないため、躊躇うと痛みを感じやすく、出血などもあることがあります。 扱いにくいというデメリットがありますが、ホールを切り裂いて開けていきますので傷口への負担が最小限に抑えられます。 そのため、開けた後の痛みや腫れは早く引いていく傾向がありますし、ホールの安定も早いです。 耳が分厚い場合だとピアッサーでは貫通しないなどのトラブルに合いやすく、中途半端に刺さったものを自分の力で押し込む羽目になる、ということもまあまあよくあることです。 薄い人に比べたら痛みは強いかもしれません。 ピアッサーにしろ、ニードルにしろ、軟骨は非常にデリケートで細菌や炎症にかなり弱いです。 開けた後は引っ掛けないように、圧迫しないように、また清潔を保つ必要があります。 消毒は基本的には必要ありませんが、お風呂で洗顔料や石鹸などで泡洗浄をしてください。 炎症した時にはホットソークすると患部の代謝が促されて治りが良くなります。 どんだけケアしていても細菌感染による化膿、つまり、膿むことがあります。 体の免疫が弱いと細菌感染を起こしやすくなりますので、ピアッシング後は睡眠と栄養を十分にとって規則正しい生活を送ることもケアのひとつです。 意外と見過ごしがちですが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくありがとうございます!

お礼日時:9/20 23:46