回答(2件)

0

波紋は、独特の呼吸と血流などによって生じる、生命体(人間)特有の振動エネルギーです。 その振動を水面などに伝わらせると波紋ができるので「波紋」と呼ばれます。 そのエネルギーが作る振動は太陽が生むエネルギーと同じだそうです。 だから、太陽の光でダメージを受ける吸血鬼や柱の男に波紋を流す(振動を伝わらせる)と、太陽光を当てたのと同じダメージを与えられます。 このエネルギーは生命体の新陳代謝を刺激するのか、または振動そのものによるコントロールか、止血や傷回復の促進などもできます。 また、神経にも作用して麻酔効果を生み、骨折の痛みを和らげることもできます(ジョナサンなど)。 振動=震えなので、鉄などの個体よりも水のような液体のほうが伝わりやすいという性質があります。 そのためジョセフなどは武器に油を塗るなどして波紋の伝導を強化しています。 振動エネルギーは、「ものを吸着させることができる共鳴現象(触れ合った物質を同じ周期で振動させると離れにくくなる)」、「反発力の強化で弾き飛ばす効果」、「コーラの中身を振動させて炭酸を弾けさせ、瓶のフタを飛ばす」などの応用が可能です。 頭に振動を激しく与えることで、人を一瞬で気絶させることもできます。 またさらにハイレベルになると、振動と血流の操作によって軽い催眠術のような効果も出せるようです(第二部のジョセフとシーザー)。 第二部のシーザーは一定の振動をコントロールすることで、割れにくいシャボン玉を作るなどの応用もしていました。 一応スタンドも最初は波紋と関連付けようとしたようで「幽波紋」の字があてられたり、「呼吸が苦しくなるとスタンドは弱まる」と設定されたり、スタープラチナの肩に波模様が入るなどしていましたが、すぐにほとんど無関係となりました。 一部私見も入りましたが(共鳴現象だと作中で明言されたわけではないので)、こんなところだと思います。

エネルギーが作る振動は太陽が生むエネルギーと同じ ↓ エネルギーが作る振動「の波長」は太陽が生むエネルギーと同じ ですね。失礼しました。

0

コピペです。 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する、チベットを発祥として伝えられる秘術。 仙道とも。 波紋を流す攻撃(通称:波紋疾走)をするために必要な波紋を生み出す技術である。 特殊な呼吸法により、体を流れる血液の流れをコントロールして血液に波紋を起こし、太陽光の波と同じ波長の生命エネルギーを生み出す秘法である。