【貿易実務】「為替手形を振り出す」とはどういう意味でしょうか?

【貿易実務】「為替手形を振り出す」とはどういう意味でしょうか? 「振出し」=「為替手形を発行する」意味ということは分かったのですが、 なぜ、L/c決済では、受益者が「為替手形を発行」する必要があるのでしょうか? 貿易実務初心者の私にとっては、手形を発行する=お金を支払うイメージがあり混乱しています。解説のほど、よろしくお願いいたします。

資格 | 外国為替、FX17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

為替手形は「振出人」「支払人」「受取人」の3者が登場するのですが、輸出決済、特にL/C決済で使用されるのは「自己受為替手形」で、「振出人」と「受取人」が同じ、つまり輸出者(受益者)となっています。そして「支払人」はL/C発行銀行となっています。 https://blog.keihi.com/5100 輸出者は振り出した手形を買取銀行で「買い取って」(手形割引)もらうことにより、早急に代金決済を受けることができるというわけです。 かなり端折って述べましたがご参考になりましたでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

為替手形においては、登場人物?が3者いるのですね。 頭の中が整理され、大変助かりました。 誠にありがとうございました。

お礼日時:9/23 21:55