シャツのスプリットヨークについて 趣味でソーイングをしているのですが、 何度やっても、微妙に柄がずれてしまい、

シャツのスプリットヨークについて 趣味でソーイングをしているのですが、 何度やっても、微妙に柄がずれてしまい、 ぴったりと左右の柄を真ん中で合わせることができません。 ぴったりと柄を合わせて縫い合わせるための 裁断時のコツ、縫製時のコツを教えてください。

手芸17閲覧

ベストアンサー

0

裁断時 型紙を置いたら、型紙の端に柄の要所を印する。 もう一枚を取る時には、その印に柄を合わせて型紙を置く。 縫製時 柄に合わせて、しつけを細かめにかけ、 ミシンをかける際には、目打ちなどで上布を手前から奥に押すようにしながら縫う。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

複数の回答ありがとうございました ベストは悩んだのですが しつけの掛け方 型紙の置き方 が具体的だったのでこちらの回答を ベストとさせて頂きます

お礼日時:9/27 8:34

その他の回答(2件)

0

なぜずれるのでしょうか? 原因が分からないと対策も出ません。 原因として考えられるのは、 - 柄がプリントの場合、最初からプリントがずれている - 地直しが適切に行われていない - 裁断するときに型がずれてしまっている - スプリットヨークならバイアスかダイアゴナルに取っていると思いますが、ステイステッチをしていない - バイアスに取る時の左右の取り方が間違っている - 縫う際に布同士がずれる(しつけなどが必要) - 縫う際にミシンで縫いずれする(押さえ圧調整、糸調子修正、上下送りをつかうなど) もっといろいろと考えられると思いますので、まず、どの段階でずれるのかを調査することです。

0

縫い代多目で裁断し、しつけ縫いしながら柄合わせします。 しつけはしつけ糸(しろも)ではなく絹のしつけ糸(和裁用)。90番ミシン糸とかでもかまいません。 とにかく細い糸と針で手縫いで織り糸一本単位で柄を合わせて正確にしつけを掛けます。