日本刀の形に関する質問です。南北朝、江戸初期、幕末など動乱期直後は反りがすくなく長さが長く、切っ先が伸びる傾向にあります。

日本刀の形に関する質問です。南北朝、江戸初期、幕末など動乱期直後は反りがすくなく長さが長く、切っ先が伸びる傾向にあります。 切っ先が伸びると長さが長くなるのはより戦闘に有利だからだと思いますが、反りが少なくなる理由がわかりません。 使う立場からいったら反りは長さに関係なく一定のほうが調子がいいと思いますが

日本史39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

古くからある騎馬戦の様式だと、刀身の反りは重要です。 これは西洋馬術での騎馬戦でも同様です。 徒で斬り合うといった戦術の時は、むしろ直刀が有利になる。 実際に刀の斬り合いで出た戦死者というのはさほど多くはなく、一番戦闘で死ぬのは矢に当たったり槍で突かれることの方が多かったということです。 有名な話ですが、幕末新撰組の沖田総司の三段突きは、いわゆる斬りかかるという動作よりもかなり速かったということです。

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

ボ、ボクは小学生でしゅが・・・ 反りの発達は刀身の材質の変態性からくるのだから数打物の規格品だと反りは未発達になるのだ。形だけまねてそっくり返っても応力がなく折れるだけだ。名刀が生存して現代に伝承されてる理由は一品こだわりもので工業行程では再現性が不能だから美術品の位置にまで高められるのだ。または所有者が刀を未使用かそのような態度でも猶予された特殊な境遇だと予想される。動乱期に徴用されるお貸し刀の集団徒歩剣法だと抜く切る衝くの一連動作に適応した究極の刀偽虎徹、いわく波紋はきれいだけど材料工学としてはある意味純粋な形態に進化するのだ。偽虎徹が名刀か否かは生き残った側が判断するのだった。

画像

2人がナイス!しています

0

戦闘様式の変化ですね。 南北朝時代は太刀、馬上刀でした。 侍大将が指揮刀として、左手で手綱、右手で刀を抜き指揮していました。 反りは馬上から下から来る奴らを片手で撫で斬りするのに都合がいい。 江戸初期は打刀として実用的な長さでした。しかし戦のない江戸中期、刀は腰の飾りとなり短くなり、竹刀剣法となり反りが無くなりました。 幕末は不穏な時代、少しでも長く、突きに都合いいように長く、反りが少なく大切っ先の「勤皇刀」が流行りました。

2

反りは、馬上から切り下す際には引き切りができるために有効です。 反りが少ない直刀は、鎧の隙間を突いたり、刀を打ち合うの有効です。 居合などは反りがあったほうがスムーズですね。 メインの戦闘方法が何かによって向いた形があるということですね。 歩兵による集団先方の場合には、反りがないほうがあっています。 騎馬が駆け巡る場合には、反り有の大太刀が向いていました。 江戸初期は、平和だったこともあり竹刀に近い反りが少なく、切っ先が短い刀が主流でした。 南北朝時代は、まだまだ1対1の時代なので長い大太刀ですね。 幕末は、新々刀と呼ばれる全体的に身幅が広く、長い切先、反りのあるものが多くなります。これは戦術というより刀鍛冶の思想の問題で鎌倉や南北朝の実用的な刀に戻ろうという思想のためです。

2人がナイス!しています

2

長くて反りがあると「引っ掛かって鞘から抜けない」からですよ。 模造刀で抜き差しの練習をしていますが、 反りが無くても、まれに鞘の中で引っ掛かる事があります。

画像

2人がナイス!しています