政治への関心が高い人は、歴史について、特定の時代しか知らない人に批判的な傾向が強いですが、何故ですか?

政治への関心が高い人は、歴史について、特定の時代しか知らない人に批判的な傾向が強いですが、何故ですか? 日本史、世界史カテにも同じ質問を投稿しましたが、こちらにも投稿させていただきます。 個人的には、 歴史ファン以上にこの傾向が強いように感じます。 歴史ファンでも、そうした人を叩く人はいますが、それでも政治を語る人よりは寛大な傾向にあると思います。 政治系の集まりと、歴史ファンの集まりの双方に複数回参加して感じた素直な感想です。 左右問わず、政治について関心の高い人というのは、私が出会ってきた限りでは、「政治を語る上では歴史が分からなければダメ。それも近現代史だけとかじゃなく、通史が分からなければダメ」という考えの人が結構多いです。 例えば、「近現代史の知識だけで皇族を語るな」とか、「日本が好きなら歴史を学べ」とか。 もちろん、政治を語る人の中にも、近現代史しか知らない人も結構いますが、彼らは通史を学んだ人達からは批判される傾向にあるし、彼らを見下すような発言をする人もいます。 一方で、政治とは違った「歴史好き」は、比較的、戦国しか興味ない、幕末しか興味ない、という感じの人にも比較的寛大な傾向を感じます。 こうした違いは、どこから生じるのでしょうか?

政治、社会問題 | 国際情勢20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

それは政治を語る過程で、歴史を学ぶことで形成された思想の話になっていくからだと思います。思想の話になれば当然ながら、「自分にはしっかりとした基盤に基づく、自分の考えがあるのだから、あいまいな知識で勝手な判断をする人々は気に入らない」という風になっていくのだと思います。 端的に言えば歴史が自分の一部として取り込まれて一体化しているのです。 その辺、歴史好きはあくまで歴史を対象として見ているので自分と一体化しておらずに距離感があります。つまり鑑賞して楽しむものなので、他人がどのようにその対象を見ているかということにも関心があるということで比較的寛容なのです。 歴史が自分と一体化している場合は、歴史の権威が傷つけられることは自分の権威も傷つきますから言葉はきつくなるし、他者の思考を排除するようになりますが、あくまで鑑賞物(対象)としての歴史ならばそのようなことにはなりません。

その他の回答(2件)

0

政治談議をする人は、建前はともかく内心では「みんな違ってみんないい」とは決して思っておらず、どちらの言っていることが正しいか、という「勝ち負け」に収束させることを互いに望んでいるからではないでしょうか。

0

> 政治への関心が高い人は、歴史について、特定の時代しか知らない人に批判的な傾向が強いですが、何故ですか? そうですか?私は感じた事がありません。 思い当たる事としては、歴史を趣味的・教養的に知るだけなら、歴史のある部分だけの知識で何ら問題ありません。しかし歴史の結果としての政治に興味があるなら、現状は何故そうなったのか、その原因となった過去は何故そうだったのか...と言う所に興味が向きますから、通史が必要になるのです。 ご参考まで。