深雪滑走について、 あなたは深雪滑走に際して、特にどのような点に留意して滑走されますか? ご自由に述べてください。

深雪滑走について、 あなたは深雪滑走に際して、特にどのような点に留意して滑走されますか? ご自由に述べてください。

スキー105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

滑走については他の方と同じ、付け加えるとしたら、積もった雪の状態、最近ハイシーズンでも雨が降り、雪が層になったりしているので、本当に大丈夫とか、また、以前万座で臍辺りまで沈んだこともあり注意しています。 それと、リーシュコード、ゲレンデ(脇?)滑走でも用意しています。 最近、全然しませんが、オフピステ用品も一応持ってます。オフピステやるなら装備だけじゃなく装備のチェック、トレーニングも留意事項ですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

返信で述べられいることに共感しました。 私の場合ですが、上に上がったとき、まず雪質を確認します。スタート地点に立って、呼吸を整えながら雪面を眺めます。 スタートしたら、先ず小回りから入ります。リズムを掴んだら、ターン弧を変えます。 滑っているときは、両脚均等荷重・スキーの真ん中に乗る・前掲姿勢に留意します。スキーをフラットにしたとき先端がでます。 滑るというより泳ぐ感じですね。シーハイル!

お礼日時:9/24 5:03

その他の回答(7件)

0

雪質にもよりますが、基本浮沈するのが好きなので雪面に出るように上下運動を使おうとします。 その滑りの中で斜度に板を合わせて行こうとしますが、トップが刺さらないように留意する場合もあります。 それを怖がってる時は結構後傾です。

0

滑り方は皆様のご回答におまかせするとして、他の視点から。 雪崩と隠れブッシュと隠れた穴です。 スキー場のオフピステコース内でも、隠れブッシュや隠れた穴には注意する必要があると思います。怪我の原因になります。太い木の根本には穴が空いていることが多いですね。

0

使うスキーによりますね。 ファットスキーなら雪面をなめるように滑るので、 留意する点は、圧接バーンと同じです。 通常の板であれば、 新雪に潜った後に浮いてくるように滑るので、 リズムとタイミングが大切です。