ID非公開

2020/9/22 16:19

66回答

第二次世界大戦中に当時のヤクザも兵隊になったんですか?

第二次世界大戦中に当時のヤクザも兵隊になったんですか? やっぱり一般人からなった兵隊さんより場慣れしてるぶん戦場では勇敢に敵に向かって行ったんですかね?

ベストアンサー

0

本土決戦当時、相模湾の防衛にあたる陸軍第五十三軍第三百十六師団の主計将校の戦後の記述によると、『兵隊は第二国民兵を含めた痩せた人が多く、軍事演習にも耐えられない虚弱体質の人がほとんどだった。片目がなくても鉄砲が撃てればよい。背丈は五尺なくても良いという状態。坊主、魚屋、床屋、教師、社長、郵便局長、・・・・変り種は背中いっぱいに入れ墨のある浅草のテキ屋の親分。兵隊はまず被服がない。召集兵はほとんど全部、つぎはぎだらけの服かステーブル・ファイバー(通称スフ)のよれよれだがカーキ色の国民服を着て入営して来たので、それをそのまま使用した。

その他の回答(5件)

0

ヤクザ者は他の徴兵された人間ともめ事を起こすんで、炊事班などの裏方に回される事が多かったようで。 徴兵訓練を行ってる宿舎は給食のおばちゃんがわりに紋々のふんどし姿のオッサンたちが飯を作ったそうで。

0

ヤクザ者でも 長期刑に服した前科が無い限り 兵隊に採られる可能性がありますが、そうした人間が配属される隊では ベテランの軍曹の居る班に入れ 人あしらいの上手い古参兵を戦友に付けて面倒を見ました。 勝新さんの「兵隊やくざ」そのまんまです。 但し 戦前の博徒 的屋さんは 結構地味で 愚連隊の方が勢いが強かったこともあり ヤクザが戦闘に向くとは言えない面もありました。 末期に召集された あるヤクザは 親分から頼まれた憲兵が様子を見に行くと 初日から喧嘩をして 「もうやってしまったか…」と 呆れられ 訓練はサボる 古参の下士官が付きっきりで世話をするで 「兵役以外の仕事が適す」という 変な命令を受け 軍隊から追い出された話が 広島で伝わってます。

1

徴兵って国民の義務であると同時に権利でもあったわけです。なので、アウトローな人たちは一般人よりかは徴兵されませんでした。そういった人たちが戦後になって闇市で暗躍したわけです。

1人がナイス!しています

0

はい、ヤクザにも赤紙は届きましたよ。 ヤクザにもちゃんと戸籍はありますので。 コメディアンで有名な三木のり平は自分のところに赤紙が来ないのを不思議に思って問い合わせたら本名が漢字で田沼則子(たぬまただし)、女だと思われていて見落とされてたらしいです。 その後、無事に赤紙は来たそうです。

1

やくざって兵隊とは違うからね、侍とも違うし。 箸にも棒にもならないから893ていうんです。

1人がナイス!しています