高校2年生です。

高校2年生です。 将来は大卒で一般企業に就職をしたいと考えております。 大卒就職について調べた際に、「学生時代力を入れたこと」というものをESや面接で聞かれる事が多いということを知りました(通称「ガクチカ」というそうですね)。 私は、高校から始めたスポーツの部活で、1年生から先輩や先生に積極的に質問をしたり、目標や課題を個人的に立てて実行したりして、結果として現在その部活において部長に就くことが出来ました。 無論このようなことは社会で通用するか、価値のある人間として見られるか、についてはまだまだだと認識しておりますが、 将来、大卒就活で、「学生時代力を入れたこと」について聞かれた際に、高校時代の経験を話すのはアリでしょうか? というのも、「学生時代」となると、個人的な意見ですが大学生活について話すのが一般的なよう(大学生活について主に話さないと大学4年間をドブに捨てた人間に見られる)な気がして、また、今現在今までの人生で本気で力を入れていることが部活動であり、大学時代でこれを超える打ち込みが出来るかが心配です。(自身が希望している大学には今現在私が打ち込んでいるスポーツの部活、サークルがありません) 質問した内容以外のことでも良い(大卒就活について)ので、教えていただけると幸いです。

就職活動26閲覧

ベストアンサー

1

話し方次第ですが話しても大丈夫です。 また、ガクチカなどのアピールで部活やバイトはめちゃくちゃ多いです。 自己PRなどの長所などをアピールする場で部活を通して自分の性格をアピールするのは良いと思いますが、ガクチカとして部活をアピールするのはあまり印象に残りづらいかなと思います。 部活にするなら全国大会出たとか優勝したとかそれくらい目立つものがないと覚えてくれないかなと思います。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

大学で頑張ったことを聞きたがってます。内容の切り口の角度を変えたり、自己分析のエピソードや説明の例ならいいと思います。 頑張ったことで、大学で頑張ったこと以外をメインで話すなら、いきなり自己紹介で幼稚園の話するようなもんです。つまり、おかしい。

1人がナイス!しています

1

別に構いませんが、大学生時代に頑張ったことを聞きたいのが企業側の本音です。それに応えるかはあなたの自由ですが。

1人がナイス!しています