青色申告で経費計上すると税金がどれ位安くなりますか?

青色申告で経費計上すると税金がどれ位安くなりますか? 青色申告未経験者です。 例えば年収300万円で年間経費が5万円と申告して認められた場合、 ・年収300万ー経費5万=所得295万 (さらに青色は控除65万円?) となりこの所得に対して税金が計算されるので、 【つまり、経費5万円の計上をしても5万得する訳ではなく1万7000円くらい税金が安くなるだけ】 って考え方で合ってますでしょうか? まだあまり詳しく調べてないので間違っていたらすみません。 ご回答よろしくお願い致します。

税金20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

所得税の計算で青色申告特別控除65万円が有る =課税対象額が65万円減る 所得税率5%の人は「所得税納税額が32500円減る」 所得税率105%の人は「所得税納税額が65000円減る」 次年度の住民税は税率10%固定なので「住民税課税額が65000円減る」 経費が5万円なら、 所得税率5%の人は「所得税納税額が2500円減る」 所得税率10%の人は「所得税納税額が5000円減る」 次年度の住民税は税率10%固定なので「住民税課税額が5000円減る」

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よく分かりました!詳しいご回答ありがとうございます!

お礼日時:9/27 23:09

その他の回答(1件)

1

青色と白色の税計算の過程の理解が間違ってます。 > 青色申告で経費計上すると税金がどれ位安くなりますか? > 年間経費が5万円と申告して認められた場合、 白色申告での課税所得は出せますね。 この5万円については、青色、白色関係なく所得、課税所得とも同額ダウンですので、 5万円に関しては、青色だから税ダウン額が違うわけではありません。 青色申告○〇万円控除の○○部分の65とか55、10が 所得ダウン⇒課税所得ダウン⇒税額ダウンにつながります。 所得税率は、5%or10%(質問者さんの下記込み数値からだと) 住民税率は、10% 更に、国保なら、(所得ー33万円)X約10% で、所得ダウンX税率合計25%か30% 青色申告すると下記所得が下がるので、30%の税率ならば 青色申告65万円控除 さらに所得65万円X30%⇒19.5万円税ダウン 青色申告55万円控除 さらに所得55万円X30%⇒16.5万円税ダウン 青色申告10万円控除 さらに所得10万円X30%⇒ 3万円税ダウン

1人がナイス!しています