合成皮のソファーに消毒をする場合 エタノールもしくは次亜塩素酸水どちらの方が生地を痛めにくのでしょうか?

合成皮のソファーに消毒をする場合 エタノールもしくは次亜塩素酸水どちらの方が生地を痛めにくのでしょうか?

化学 | 家具、インテリア30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

どっちも合皮を痛めそうだな。まずアルコールは使わない方がいい。 やるんなら逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)を使った方がよさそうだけど。

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

2

合成皮、本革の製品は小さいものであれば、除菌ティッシュで十分だと思います。しかし、ソファーなど清掃する面積が広くなるものには、除菌ティッシュでは非経済的だと思いますので、次亜塩素酸水が良いと思います。アルコールよりは刺激が少ないです。濃度は50ppm程度にして適度にスプレーしてふき取るという方法で良いと思います。あまりビショビショにすると生地が劣化しますので、適度にスプレーしましょう。私は本革製品でも、100ppm程度の次亜塩素酸水でスプレーして20秒後くらいでふき取っています。しっかりふき取れば、色落ちや劣化はいまのところないです。次亜塩素酸水の濃度ですが、参考にどうぞ。 20~50ppm 玩具、介護・ベビー用品、ペット用品、衣類などにスプレー散布。 超音波噴霧もこの濃度です。 100ppm 自動車内、タバコ・ヤニ臭、靴、下駄箱、床などにスプレーします。 ふき取りはスプレー散布放置後、少ししたら行います。 200ppm キッチン、台所周り、エアコン、ごみ箱など。清掃後に殺菌消毒としてスプレーします。 400~500ppm 嘔吐物、排せつ物の処理、トイレ、ふろ場、カビ取り、生ごみ、使用済みオムツ。ひと吹きでなくある程度びしょびしょになる量を散布します。

2人がナイス!しています