学生さんやその保証人さんが大学に対して

学生さんやその保証人さんが大学に対して 「オンライン授業に移行し、キャンパスには入構制限がかかっているのに授業料や施設使用料を全額徴収するのはおかしい」 として授業料や施設使用料の減額を求める訴えを起こすのも良いかと私は感じますが、これについて 「将来的な対面授業の再開に向けて施設を整備・維持するという観点では施設使用料を全額徴収するのは妥当なので、大学側が勝訴するのでは」 と考えている人も少なくないのでしょうか?

政治、社会問題 | 大学40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

ID非公開

2020/9/23 22:18

設備は無くなる訳ではなく、維持管理が必要、かえってオンライン授業設備構築、投資で余計に掛かったけど請求しません、だから大学は赤字です、 と言われても納得で、このコロナ禍では皆仕方が無い状況です。 ただ、大学によりオンライン授業が満足いくレベルだったか?資料配布のみでレベルが低いかは大学に因るので、設備費より授業料に見合う内容だったかを争う方が本質的だとは思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。

お礼日時:9/24 20:38

その他の回答(2件)

1

大学側は将来的なとか長期的なとか、言いますが 大学生は、自分の在学中が重要なのです。 卒業後の建物の維持管理まで心配する必要はないし、 それを見越して、金を払う必要もないのです。 一生大学生ならそれでもいいのですが、所詮は4年間で その間が重要なのです。 裁判をすれば、私は学生側が勝てると思いますが、 おそらく大学は延々と裁判を引き延ばすでしょう。 2,3か月でたとえ一審でも判決が出れば、 何万人の在校生に返さなくてはなりません。 影響が大きいのです。 その人が卒業して、5,6年経ってからやっと 裁判確定となるでしょう。

1人がナイス!しています