第二次世界大戦中のアメリカではドイツ系、イタリア系の移民も強制収容されたのですか?

第二次世界大戦中のアメリカではドイツ系、イタリア系の移民も強制収容されたのですか? <日系人を強制収容する法的根拠> ルーズベルト大統領は、「大統領令9066号」に署名を行い、「軍が必要がある場合に強制的に外国人を隔離する。」ことを承認した・・とあります。 <私の疑問点> ドイツ系、イタリア系の人も敵国外国人ではないですか? *真面目な回答をお待ちしております。 *ヘイト、悪口、思い付き、ただの感想はいりません。

世界史 | 国際情勢51閲覧

ベストアンサー

0

いいえ、強制収容の対象は日本人に対するものだけでした 後日アメリカ政府は此れを謝罪して賠償を行っています

<質問した理由> NHKのBSの「海外ドキュメンタリー」を見て驚きました。 プロパガンダ映画の強制収容所は日系人だけでなく、ドイツ系、イタリア系の人がいたからです。 <そこでウィキペディアを調べました> ルーズベルト大統領は、「大統領令9066号」に署名を行い、「軍が必要がある場合に強制的に外国人を隔離する。」ことを承認した。 (中略) なお、この法令は「すべての敵性外国人に向けたもの」であるとされ、実際に施行当初においてアメリカ国内で一時的に強制収容された半数近くは、日米間の開戦直後にアメリカに対して宣戦布告を行ったドイツやイタリア系の移民とその子孫であった。 (中略) 在米ドイツ人やイタリア人の収容者は短期間で釈放されたが、日系、日本人の却を余儀なくされた。 ■これはデタラメですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

嘘を教えるな! この勉強不足! <アナタの回答> いいえ、強制収容の対象は日本人に対するものだけでした

お礼日時:9/24 18:36

その他の回答(1件)

0

ドイツ系の政治、軍事、文化、科学のアメリカへの貢献度が日系に比べ雲泥の差 有名なカスター大佐や第一次世界大戦での欧州派遣軍総司令官のパーシング将軍もドイツ系 第二次世界大戦でも ニミッツ提督、ミッチェル提督 ニューギニア攻略のため派遣された第6軍司令官クリューガー将軍 ドイツ本土爆撃の戦略爆撃機を統括する第8航空軍司令官のスパーツ将軍 P-47戦闘機部隊で随一の戦果を挙げた第56戦闘航空団司令ゼムケ大佐 などドイツ系軍人が活躍している

この返信は削除されました