「燃ゆる日や青天翔くる雪煙」の俳句で「青天翔くる」の読みと 俳句の意味をおしえてください 87

「燃ゆる日や青天翔くる雪煙」の俳句で「青天翔くる」の読みと 俳句の意味をおしえてください 87

文学、古典5閲覧

ベストアンサー

0

「せいてんかくる」ですが、まるで阪神タイガース球団歌「六甲おろし」ですね。 六甲おろしに 颯爽(さっそう)と 蒼天翔(そうてんか)ける日輪の…… 雪煙の原因は何か、「翔くる」のは何か、いろいろ考えられると思いますが、木々に止まっていた鳥がいっせいに青空に飛び立って燃える太陽へと翔けて行き、そのはばたきで雪煙がきらきらと日に輝きながら舞い上がる かな?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:9/24 22:57