ID非公開

2020/9/24 8:05

55回答

何度か質問させて頂いたのですが、いつまで経っても理解できない点があるので、再度お聞きしますので、宜しくお願いします。

何度か質問させて頂いたのですが、いつまで経っても理解できない点があるので、再度お聞きしますので、宜しくお願いします。 当マンションは、2018年、国土交通省の発表した、大規模修繕工事の金額の2倍以上の4億円なのですが、建築コンサルタントは「その金額のデータは古いし、素人が作ったものでアテにならない」と言われると、それ以上質問できません。国交省は個々の問い合わせには答えられないとの返事、コンサルタントには馬鹿にされ、作った方の返事も的確でなく、この数字を基に、騙されないように自分のマンションの提示された金額の比較に使えと書いていますが、コンサルの逃げ口上に使われるなど、何のための資料か判りません、いつもの「一生懸命やっています」と言う政府の形だけのものでしょうか?

中古マンション | 政治、社会問題44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

貴方の理解出来ないのは当然で、そのコンサルが何者か分かりませんが無知で、見識が無いと考えます、国交省・・・のデーターが古い?最新だと考えます➡それならば、最新のデーターを示す様に追及して下さい、素人が作ったもの・・➡その様な事を云うコンサルが素人ダロ!と考えますが!政府が、権限の基に、調査して出したデーターを判断基準とすべき物だと考えます。貴方に是非役員になって、そのコンサルを、解雇して下さい。何かそのコンサルに悪意を感じます(何処かから、リベートを受け取っている匂いがします)

国交省のデーターは、あくまで調査した平均値で、その組合の条件で(立地・規模・築年数・過去の履歴等)調査して、金額を算出すべきものです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難うございます。実はマンションの修繕委員長との関係がおかしいとは思うのですが、理事も古くからいる修繕委員長に任せていて、どうにもなりません。せめて国交省のデータはと思いすがってみましたが、質問のような結果でした。有難うございます。

お礼日時:9/24 13:14

その他の回答(4件)

0

分からない人が分からないことを繰り返しても埒があきません。 価格が適正かどうかなどは利害関係の無い第三者に依頼して予定価格を 算出するしかありません。特定の業者から見積もれば必ず業者の利害がからんで価格の信憑性がありません。建築工事の価格は物価版、建設物価、積算資料、東京なら東京都標準単価、国土交通省公共工事設計労務単価などを駆使して算出されます。この算出価格が国内の工事の標準として通用するものです。当然、素人が算出出来るようなものではありません。適正な価格を算出するには国土交通省で推薦しているマンション管理センターなどに依頼するしか無いと思います。 https://www.mankan.or.jp/

0

何社か同じ内容で見積もり取ったらどうでしょうか? 物価本はあくまでも物価本で地域やなんかで金額は全然違います。 また物価本の方が実際の単価よりも大分安いイメージ その単価で入札なんかが基準にしたりしますがあまりあてに成りません。 質問者さんの地域のゼネコンなんかに何社か見積もり依頼して比べるのが一番かと。 何億もの工事ならどこのゼネコンでも喜んで見積もりしますよ

0

工事単価を知らない人には理解できないと思います。 マンションに住んでいる大手建設会社に勤めている方を探し、 工事内容と金額を見てもらってください。

0

コンサル(建築士)なら公共工事の標準単価は専門のはずです。 それとの比較(あるいはその単価での試算)をやらせてみたらどうですか?